第94話

🎡94.
159
2023/01/23 21:46
えむ
__それで、
あんなことになっちゃったの……
寧々
企業提携して、映画のキャラクターを使った
テーマパークにする……か
あなた
今じゃ結構有り得る話なんだけどね。
……人気ないアトラクション全部を
壊すのは……
類
しかも、契約日はまもなく……。
まさかそこまで差し迫っていたなんてね
えむ
ちゃんと話せなくって、
ごめんなさい……
あなた
不安だったの。
コンテストで1位を取ろうって頑張ってるのに、水を差していいのかって
えむ
それでみんなが笑顔じゃなくなっちゃったら、
すごく……イヤだなあって……
本当に、ごめんなさい……。




寧々
……バカだな、ふたりとも。
そんな風になるわけないじゃん
司
そうだッッ!!
このオレの清々しい笑顔は、
ちょっとやそっとのことでは曇らんッ!!
寧々
ネネロボ、測って

……測る?


ネネロボ
__95デジベル。犬の吠エ声レベルデス
司
なんだその機能は!?

……あはは、相変わらずだなぁ。




寧々
ま、あいつもああ言ってるし、
わたし達のことは気にしなくていいよ
寧々
むしろ……ふたりの力になりたいから、
話してくれたほうが嬉しい
類
ああ、ふたりがいなければ、
今の僕達はいないんだ
類
ここはひとつ恩返しといこうじゃないか
司
そのとおり!!それでは早速、
この状況を打破するための作戦会議だ!






……って言っても。


司
うーーーーむ、
しかし、企業との提携か……
あなた
一筋縄では行かないんだよね……
経営が苦しいってのも、目に見えてわかるし。
妥当な策だってことは、嫌でも分かる。


司
フェニックスワンダーランドでありながら、存続のために、何かを変える必要はある……ということか
類
それに、経営のことを考えると、
ふたりのお兄さん達のアイディアは
とても現実的なものだ
現実的かぁ……。
分かっちゃいるけどねぇ……。


えむ
やっぱり……難しいよね……
司
いいや!何も難しいことはない!

えっ……?



司
経営がどうの集客がどうのと言っているが、客はみんな、“笑顔になりたい“という気持ちでここに来る!
司
ならば__万人に笑顔を届けるオレ達だからこそできることが、必ずある!!
あなた
司……
寧々
ふふ、どうせ根拠はないんだろうけど、
アンタが言うとそんな気がしてくるかも
不思議な奴だよね、司は。


類
……僕達だからこそ、か
類
そういうことなら__
話は難しくないかもしれないね
寧々
え?
えむ
ほんとっ!?
あなた
何をすればいいの!?
類
ああ。僕らがすべきことは、
至ってシンプルさ



類
つまり__今以上のショーをするんだ


今以上のショー……?



……うん、それが私達かもね。
今までのショーを塗り替える、新しいショーをすればいい。
そうすればまた……たくさんの人が笑顔になれる。





えむ
……えへへ
寧々
どうしたの?
えむ
えっと……ポカポカーってしてるんだ!
寧々
ポカポカ?
えむ
うん!みんなに話す前は胸がムギューってしてたけど、みんなに話したらポカポカーってして……
あなた
……まぁ、わかる気がするよ
えむ
ほんとっ?
寧々
うん。ほんとほんと

私も、同じように感じたから。



司
よし!
それでは全員ステージ上に集合ッ!
寧々
え?なんで?
司
無論、士気を高めるためだ!
司
ここから必要なのは我々の団結力!
ならば今こそまさに鬨の声を上げる時!
えむ
ときのこえ?
あなた
ん〜、簡単に言うと、わんだほいかな
えむ
おお〜!やりたーい!
じゃあ、あたしやるね〜!
司
何?待てえむ!
ここは座長であるこのオレが__
えむ
せーのっ!


えむ
みんながんばろ、わんだほーい!


『わんだほーい!』



司
……ってオイ!
なんでお前が仕切るんだ!
寧々
別にやる気が出るんだったら
誰が仕切ってもいいでしょ
あなた
そーそー
団結力も十分高まったと思うしね。



寧々
それで類。結局、策ってなんなの?
類
それはまだ教えられないなあ。
すぐに話しては面白くないだろう?
あなた
まぁ、そりゃそうだけど……
類
でもヒントを言うなら__、
『すべてがショーになる』というところかな?

『すべてがショーになる』?



よくわかんないけど……なんだか、楽しそう。



司
では__これより、次回公演に向けて
準備を進める!
司
ワンダーランズ×ショウタイムは、
力を合わせ、この危機を乗り越えるぞ!!


えむ
__うんっ!!


__みんながいてくれて、よかった。












お気に入り登録、いいねお願いします!


プリ小説オーディオドラマ