無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

#42 樹と…
夕食も終わり

入浴(歯磨き込み、笑)も完了
ドキドキしながら

樹の部屋に入る
樹
今日のトリートメントは
絶対にコレ♡
前に樹が好きだと言ってた
トリートメントを
丁寧につけてくれる
あなた

樹が好きな香りって
言ってたヤツだよね♡

樹
そそ♡
この香り、Kissしたくなるの♡
鏡の中の樹と目が合う
あなた

ッ/////

樹
ふふッ♡まだ我慢するけど?
ちゃんと仕事はするよ、笑
ドライヤーで乾かして
丁寧に髪の毛を扱ってくれる
いい感じに乾いて…

樹は
ドライヤーをオフした
樹
はい、
執事の仕事はおしまい♡
バックハグした鏡の樹と
目が合った
あなた

ッ/////

樹
やっと…
今日はオレだけの
あなただね♡
首すじに唇を這わせる
あなた

やッ/////

顔を横に向けて
目を逸らせると
樹
ちゃんと見て…
あなたは
こんな色っぽい顔で
オレたちを
虜にしてるんだよ?
ちゃんと鏡を直視するように
樹はワタシの頬に手を添える
あなた

ッ/////

耳元で…
樹
可愛いよ♡
あなた

樹ッ/////

樹
たった数日でこんなに
キレイに、色っぽくなるんだね♡
樹の方が色っぽい目で
ワタシを見つめる
あなた

ッ/////

恥ずかしくて視線を逸らせる

樹は耳を甘噛みしながら
続ける…
樹
北斗はどうだった?
あなた

んッ/////

樹
ジェシーは優しかった?
あなた

やッ/////

樹
慎太郎も…
大我にも…
そんな可愛い声で
啼いたの?
あなた

樹ッ
意地悪ヤだ…/////

樹
ふふッ
ごめん♡
あなた見てると
イジメたくなる、笑
あなた

もうッ(涙目)

樹
おいで♡
ワタシを立たせて
抱きしめた
樹
ごめん♡
あなた

優しい樹がイイッ/////

ワタシも樹の背中に
手をまわしハグした
樹
ふふッ
いい香り♡
あなた

樹の好きな香りだもんね、笑

樹
Kissしたくなる♡
あなた

ッ/////

ワタシを見つめて
樹
していい?Kiss…
あなた

樹…/////

樹の唇が近づく…
樹
もう止めないよ…
2つの唇が重なった






樹
ふふッ♡
あなた

/////


2回目のKiss…


今度は深くKissされて

舌が絡み合う
あなた

んんッんふッ

苦しくて切ない長いKiss…



やっと離れると

樹
あっち、行こ♡
樹に連れられてベッドへ













         ┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈
next

やっと…樹です、笑


お待たせしました、笑

by作者
樹
長かった、笑
優吾
優吾
オレは?笑