無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第88話

#88 ラウールの… 🔞
ラウール君の家は


学校から一駅のトコロにある


高層マンションの



最上階だった…
ラウール
ラウール
ただいま〜っ


ラウール母「おかえり(*º▿º*)」

優しい雰囲気のラウール君のお母さん

もちろんとても綺麗♡
あなた

あの…初めまして(。ᵕᴗᵕ。)

ラウール
ラウール
西園寺あなたチャンだよ
ラウール母
「こんにちは♡ラウールからいつも聞いてるの」
あなた

え?

ラウール
ラウール
一緒に生徒会してる話だよッ/////
ラウール母
「ふふッ、さ、中へどーぞ♡」
ラウール君の部屋に案内された



ラウール君の部屋は


シンプルで清潔感があった…


ラウール母
「じゃあ、仕事行ってくるね」



そう言ってラウール君のお母さんは

出かけて行った…
ラウール
ラウール
ウチの母さんは
サロン経営してて、今から仕事♡
あなた

いつか
そのサロン行ってみたい♡

ラウール
ラウール
ラウール
ラウール
じゃあ…
スイーツ持ってくるから
座ってて
ワタシはソファとローテーブルのあいだに

座った
ほどなくして


ラウール君が

シュークリームを


テーブルに置いた
ラウール
ラウール
じゃあ
勉強しよっか♡
あなた

うんッ

2人で

教科書と問題集を広げて


勉強をはじめる…



お互い教えあって



ホントにサクサクとページが進む
30分程で1つの単元がおわった
ラウール
ラウール
ふーッ(๑´ω`๑)
あなた

ラウール君って
教えるの上手だね♡

ラウール
ラウール
あなたチャンといると
勉強好きになりそ♡
あなた

ありがとうッ/////

ラウール
ラウール
ちょっと甘い物食べよ♡
ハーゲンダッ○はあとにして
シュークリーム…どっちがいい?
フレーバーが違う2つの
シュークリームが目の前に、笑
あなた

イチゴと…チョコ…
(*'へ'*) ンー

ラウール
ラウール
真剣に悩んでる、笑
あなた

イチゴにしよっかな♡

ラウール
ラウール
いーの?チョコは限定なんだって、笑
あなた

限定ッ?えー迷っちゃう、笑

ラウール
ラウール
ふふッ♡
あなた

ふふッ/////

ラウール
ラウール
じゃあ…こうしよッ
ラウール君はチョコのシュークリームを
半分にして


ワタシの口に運んでくれる/////
あなた

え?/////

ラウール
ラウール
はい、あーん♡
半分っていっても

結構大きいんだけど…/////
あなた

そんなに入んないよッ/////

ラウール
ラウール
いーから、笑
あーん♡
あなた

あ…あーん/////

全部押し込んできて、笑

口を閉じても


クリームが


口の周りについてしまうッ/////
恥ずかしくて
口元を手で覆っていると

その手を包むように指をからめて


そっとワタシの手を押さえ…
ラウール君の顔が近づいて

口元のクリームを
ラウール
ラウール
ペロペロ♡
あなた

ッ/////

恥ずかしくて

顔を反らせようとすると


両手で頭の後ろや首をホールドされて


ラウール君のされるがままッ/////
あなた

モゴモゴッ/////

あなた

んんッ/////

ラウール
ラウール
ふふッ♡
あなた

ゴクン

ラウール
ラウール
美味しいね♡
あなた

はぁはぁッ/////

無邪気なラウール君の笑顔…

なのに


妙に色っぽく見えて/////



今、絶対にワタシの顔は真っ赤になってる/////
ラウール
ラウール
あなたチャン…
あなた

ラウール君…/////

ラウール
ラウール
なんでそんなに
顔が赤いの?笑
あなた

それはッ…/////

ラウール
ラウール
なんでそんなに
可愛いの?笑
あなた

ッ/////

ワタシとの距離を縮めていく

ワタシは後ろに追い詰められて


背中はソファがあってそれ以上

逃げられなくて…


ラウール
ラウール
なんでそんなに
色っぽいの?笑
あなた

ッ/////

ラウール
ラウール
なんでボクだけの
モノにならないの?笑
あなた

ッ/////

気づけば

ラウール君の腕の中にいた…
ラウール
ラウール
今だけ…
少し声が震えてるみたい…
ラウール
ラウール
今だけ…ボクのあなたでいて?
あなた

ラウール君…/////

ラウール
ラウール
ノーは聞きたくないから…
震える声でそんなこと言われたら…


断れないよ…/////
あなた

うん…/////

ラウール
ラウール
あなた…/////
ラウール君との2回目のKissは


優しいKissから


深いKissに進み


さっきのチョコの甘い味がした/////
あなた

んッ/////

ラウール君の舌がワタシの口内を

支配していく…
あなた

んふッ/////

唇が離れて
ラウール
ラウール
あなた…
ラウール君に促されて

2人…ベッドに腰掛ける
あなた

ッ/////

ラウール
ラウール
好きだよ/////
ワタシの手の上にラウール君の手が触れて…

重なり合う手と手


指が絡まり…


2人の視線が重なって…
あなた

ラウール君/////

ラウール
ラウール
あなた♡
また


重なり合う唇
ゆっくりと押し倒される


唇が離れると…


緊張したラウール君の顔が…
ラウール
ラウール
今…心臓がドキドキしすぎて
口から飛び出すんじゃないかって
くらいヤバいんだ/////
あなた

ラウール君…/////

ラウール
ラウール
あなたッ…
ブラウスの上から胸を触り…
ラウール
ラウール
柔らかいね♡
あなた

あッ…/////

嬉しそうに服の上から

胸を甘噛みするラウール君
あなた

ふぁッ…/////

恥ずかしいのと

布越しで焦れったいのと

とても複雑な気持ち/////

あなた

ふぁッ/////

あなた

あんッ/////

ラウール
ラウール
可愛い喘ぎ声だね♡
胸を揉みながら耳や首すじに

唇が這っていく…/////
あなた

はぁッ/////

あなた

んん…/////

あなた

ラウールッ/////

ワタシの奥が

もっとその先の刺激を

待ち望んでいる/////



太もも当たりが

モジモジして

無意識に擦り合わせている/////
ラウール
ラウール
なんで太ももが
モジモジしてるの?笑
気づかれた/////
あなた

ッ/////

ラウール
ラウール
触って欲しいの?笑
あなた

ッ/////

あなた

違ッ/////

内ももに力を入れるけど
ラウール君は

スカートを捲りあげ膝を抑える

ラウール
ラウール
触るよ/////
あなた

恥ずかしいッ/////

ワタシのソコに顔を近づけて…

ラウール
ラウール
濡れてるのはどーして?笑
下着越しに

指を這わせる/////
あなた

ふぁッ/////

あなた

あんッ/////

直接触ってくれないラウール君/////



焦れったくて/////
ラウール
ラウール
なんで腰を浮かせるの?笑
あなた

わかんないッ/////

ラウール
ラウール
直接触って欲しいの?笑
あなた

違ッ/////

ラウール
ラウール
嘘つかないで♡
下着をズラして

ラウール君のキレイな指がナカへ
ラウール
ラウール
濡れてるじゃん♡
あなた

ふぁッ/////

ラウール
ラウール
くちゅくちゅしてるよ♡
優しい快感が降り注がれてく


ラウール君のくれる

優しい快感を必死に受け止めて


思わず触れているシーツをぎゅっとした

ラウール
ラウール
感じてるんだ♡
嬉しそうな声で

ナカもクリも愛してくれる
あなた

あんッ/////

あなた

あぁッ/////

あなた

はぁッ/////

ラウール
ラウール
レロッ♡
あなた

あんッ/////

あなた

ダメッ/////

ラウール
ラウール
ダメなの?笑
あなた

だって/////

ラウール
ラウール
ダメなのに
腰が浮くの?笑
意地悪に煽る声/////
あなた

ふぁッ/////

あなた

あんッ/////

ラウール
ラウール
あなたのえっちな声で…
シーツを握っていたワタシの手を

ラウール君は誘導し


自分の下腹部へ
ラウール
ラウール
こんなになっちゃって…/////
責任取って?
あなた

はぁはぁッ/////

ワタシの体を支えながら起こして
制服の上からでも 

膨らみがわかる/////
あなた

ッ/////

ラウール
ラウール
あなたチャン…
あなた

/////

ラウール
ラウール
舐めて?
色っぽく見つめられて


ワタシは拒否する言葉も忘れ…
あなた

…うん/////

ラウール君のズボンに手を掛けた


チャックも降ろして…
ラウール
ラウール
下着は口で下げて?
少し上ずった声で

興奮しているのが伝わってくる/////


息遣いも大きくなってきた
あなた

うん/////

おずおずと


下着の端っこを唇で挟んで

なんとか

下にズラす…


大きくなったラウール君自身が


目の前にッ/////
ラウール
ラウール
はぁ…はぁッ/////
ラウール
ラウール
舐めて?
そっと両手で包んで
あなた

ペロ…/////

ラウール
ラウール
はぁッ/////
ラウール
ラウール
もっと出来る?はぁッ
あなた

レロレロ/////

あなた

んんッ/////

ラウール
ラウール
あぁッ
ラウール
ラウール
はぁッ…上手だね♡
ワタシのアタマを

優しく撫でてくれる


嬉しくて

つい頑張ってしまう/////
あなた

ジュポジュポ

ラウール
ラウール
そんなにしたら/////
下腹部に力が入ったのが

伝わり…
あなた

んんッ

あなた

レロレロ♡

ラウール
ラウール
ダメだって/////
ラウール君は逃げるように


ワタシの口の中から

自身を出した、笑
あなた

はぁはぁッ/////

ラウール
ラウール
もうッ/////
あなた

えへ/////

あなた

ラウール君が可愛くて
つい/////

ラウール
ラウール
もうッ/////
少し怒ったような


それでいて


少し顔を赤くして


ラウール
ラウール
めちゃくちゃに
抱くからねッ/////
色々スタンバイした自身を

ワタシの入口にあてがって



あなた

ふぁッ/////

あなた

待ってッ/////

ラウール
ラウール
待たないッ♡
グッと勢いよくナカへッ
あなた

ふぁぁぁッ/////

あなた

あんッ/////

ラウール
ラウール
はぁッ…ナカ気持ちいーねッ/////
ラウール君は

腰をしっかり打ち付けて


自身の快感に集中する
あなた

はぁッ/////

あなた

あんッ/////

あなた

ふぁッ/////

2人の手が繋がり

2人の指を絡ませる…/////




絡めた指から

ラウール君を感じる/////
高まる快感…/////


ラウール君も

表情から余裕が消えて


目を閉じて

快感の向こうへ集中する
ラウール
ラウール
ダメッ…/////
ラウール
ラウール
気持ち良すぎてッ/////
あなた

あぁッ/////

ラウール
ラウール
持たないッ/////
あなた

ふぁッ/////

あなた

あぁッ/////

あなた

ワタシもッ/////

あなた

もうッ

あなた

ふぁッ/////

ラウール
ラウール
はぁッ/////
あなた

あんッ/////

あなた

んあッ/////

ラウール
ラウール
あぁッ…
あなた

ふぁぁぁッ/////

2人は同時に果てた…/////
ラウール
ラウール
はぁはぁッ/////
あなた

はぁはぁッ/////

ラウール君は

ぎゅっと抱きしめてくれた…/////



2人は息を整える時間ずっと


抱きしめあっていた…/////










乱れた服を整えながら


少しだけ


恥ずかしさ混じりの気まずさを


お互いに感じていた/////
ラウール
ラウール
ヤだった?/////
あなた

ううんッ/////

思いっきり首を横に振った/////
ラウール
ラウール
ホントはね…
初めてだったんだッ/////
あなた

ッ/////

慣れてる感じだったから

意外な感じだった…/////
ラウール
ラウール
ヘタレと
思われないように
必死に余裕かましてたんだ/////
あなた

ラウール君…♡

なんだか可愛くて…思わず

ワタシからぎゅっと抱きしめていた
ラウール
ラウール
初めてがあなたで良かった♡
あなた

嬉しい♡

2人は夕方まで

まったりと

ハーゲンダッ○を食べたり

Kissしたり

カレカノみたいな時間を過ごした…♡








。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚





はぁはぁ_:(    _ ́ཫ`):_




ラウールの初えっち♡



可愛い( ´ཫ` )



SixTONESのLIVE…


良かった_:( _ ́ཫ`):_
Snow Manも良かった( ´ཫ` )

贅沢を言えば

サプライズで

ひー君でるかなと

ちょっと期待してたけど



スノストのコラボとか

最高でした_:( _ ́ཫ`):_


また

生きてける♡
では


また更新待っててね♡


らびゅ〜♡