無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

#33 屋上とセンパイ


夜や明け方に

色んなことがあって ← 笑


眠くて眠くて


1時限目の授業から居眠りしてて、笑




初めてサボることにした、笑
1時限目が終わって

友だちには体調不良で
「保健室行ってくるね」


と伝えて


ホントに保健室行ったんだけど、

何故か
定員オーバーで、笑
仕方なく屋上へ…笑

ちょうど日陰になるとこに
ベンチもあって


そこで
( - - *)ウトウトしていた…
眠くて眠くて…
座って寝てたけど身体が傾いていくのが

うっすら分かるけど、

座り直したり目を覚ます程の
気力はない…


あ…倒れちゃうな…と

思ってたら

程よい姿勢で止まった
その程よい姿勢で

安心してそのまま
睡眠続行、笑


どのくらい寝てたんだろ…

そろそろ起きなきゃな、笑


と思ってると


ほのかに爽やかな香りがする


そぉっと目を開けた
あなた

え?

ワタシ、誰かの肩を貸してもらってる…
あなた

あ、ごめんなさいッ/////

って慌てて謝るけど
隣に座ってるその人も寝ていた、笑
男子生徒
(※´O`※)ファー
動き出すお隣サン
あなた

あッあの/////

男子生徒
おはよう(※´O`※)ファー
あなた

ごめんなさいッ/////

男子生徒
いーよ、オレもちょうど
肩貸してもらったから、笑
ニコっとして
ナチュラルなウインクするその人は…


































健人
健人
オレ
2年の中島健人
あなた

えッあの/////
1年の西園寺あなたです

※苗字の西園寺は急遽決めました、笑※
健人
健人
え?
西園寺って
あの?
あなた

何か?

健人
健人
いや、何でもない
あなた

先輩、
あの…すみませんでした

健人
健人
ふふッ
さっきから謝ってばっかり、笑
あなた

そーですね/////

あなた

今日は眠過ぎるんで
もう帰ります、笑

健人
健人
オレ、たまにココで
サボってるから
また来てね、笑
あなた

気が向いたら、
また来ます、笑

そういって
先輩がいる屋上をあとにした












┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈








出ました、ケンティ♡


ケンティ大好きなので
こちらでも登場、笑


年齢設定
かなり色々おかしいですが、
何か問題でも?笑