無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

#77 嫉妬と大我 🔞



健人先輩と

たくさんのお勉強をしたあと

(シャワーも貸してもらった…/////)






いつものように

樹の迎えの車に乗って帰宅…




勘のいい樹だけど

今のところ

気づいてないよね
ε-(´∀`;)ホッとして


車から降りるときに…
樹
今日のあなたサマ…
色気がダダ漏れですよ?笑
あなた

え?/////

樹
バレてないとでも?
あなた

別に…/////

樹
襲っても
良かったんだけど…笑
あなた

襲うって…/////

樹
大我が
待ってるよ、笑
あなた

え?あ、うん…

なんかすべてお見通しの樹…



大我が待ってるって


そぅか、今日は

大我のレッスンだもんね…
家に入って


そのまま大我の部屋へ…
大我
大我
おかえりなさいませ、
あなたサマ♡
あなた

ただいま(๑´ω`๑)

大我
大我
何か良いことあった?
あなた

え?どうして?

大我
大我
いつも以上にキレイだよ、笑
あなた

そうかな…/////

大我
大我
それに…
どこかでシャワー浴びた?
(◎_◎;) ドキッ!!

鋭い大我…


でも


とぼけてみる…
あなた

いつもと一緒だよ?笑

大我
大我
ふーん、笑



とりあえずレッスンを始める


ピアノの前に座り


鍵盤に指を置いた…
大我
大我
じゃあ、前の続きから…
あなた

はーい

譜面通りに弾いてみる



少し難しい箇所があり

上手く弾けない…
大我
大我
ココはね、
後ろから

手を伸ばして

ワタシの指に重ねて

一緒に手本を見せてくれる




教えてくれるのはイイんだけど…
ワタシの肩にちょんとアゴを

乗せる大我…、笑



真横に大我の綺麗な顔があるから


ドキドキして

ピアノどころじゃない、笑
あなた

ッ/////

大我
大我
どーしたの?
顔が赤いよ、笑
あなた

大我の顔が近いから、笑

大我
大我
チューでもしちゃう?
あなた

え?/////

重ねていた手がいつの間にか

ワタシをバックハグしていてて



恥ずかしくて顔を反らせたけど


大我
大我
ふふッ♡
嬉しそうに首すじに

唇を這わせてきた
あなた

ふぁッ/////

思わず声を出してしまう…
大我
大我
やっぱり、
シャワーしたんじゃ?
あなた

違ッ/////

大我
大我
だって、あなたサマから
この家のとは違う石鹸の匂い、笑
(OoO;) ドッキーンッ!

それでも
とぼけてみる
あなた

そんな訳ないじゃんッ(💧)

大我
大我
正直にならないと… 
お仕置だよ?
ハグしていた手が
胸に移動して

制服の上から

触りだした…
大我
大我
前より大きくなってない?笑
耳元で嬉しそうに
ささやく大我…
あなた

んんッ/////

あなた

わかんないッ/////

ボタンを外して

ブラもズラして

隙間から胸の膨らみを楽しむ大我…
大我
大我
やっぱり大きくなってるよ♡
あなた

あんッ/////

大我
大我
で、
さっきは誰といたの?
あなた

んんッ/////

片方の手が
スカートの中の

太ももをなでる/////
あなた

ヤッ/////

大我
大我
ホントの事を話してよ♡
あなた

あぁッ/////

下着のナカに指が滑り込む/////
大我
大我
もう濡れてるけど?
あなた

んんッ/////

大我
大我
コレは"今"じゃないよね?
ナカの指の動きが
早くなる/////
あなた

あぁッ/////

あなた

大我ッ/////

ワタシは大我の与えてくれる刺激に
必死に耐えて
大我の腕にしがみつくしかなかった…
あなた

ふぁッ/////

快感が高まるのを受け入れていると



ピタッと止まる大我
あなた

大我ッ(涙目)

大我
大我
お仕置だもん、笑
あなた

意地悪ッ
(涙目)

大我
大我
じゃあ…白状する?笑
あなた

え?/////

バックハグで

ワタシの顔を覗き込む大我…



妖しく微笑む大我…
あなた

あの…/////

あなた

健人先輩と勉強してて…/////

大我
大我
ふーん、笑
あなた

だから…/////

大我
大我
だからフェロモン出るの?
あなた

そんな…/////

ハグする手に力が入ったのを感じた
あなた

大我ッ/////

大我
大我
何を『勉強』したの?笑
あなた

あのッ…/////

大我
大我
ボクにも教えて?笑


ベッドに連れてかれて

少し乱暴に座らされた
あなた

きゃッ/////

大我
大我
ごめん、優しくしたいのに…
大我は
ワタシを押し倒して

覆いかぶさった
大我
大我
コレでも嫉妬を
抑えてるんだよ?
あなた

大我…/////

荒々しくKissをして  

あなた

んんッ/////

抵抗するけど


抵抗すればするほど


息が苦しくなるくらいの

深いKissになっていく

スカートの中に手が伸びて

下着も知らない間に


剥ぎ取られて


ナカをくちゅくちゅと

掻き混ぜる
あなた

んんッ/////

苦しいのと

恥ずかしいのと

「もっと」という気持ちで


ぐちゃぐちゃになるワタシの頭



やっと唇が解放されて…
大我
大我
はぁッはぁッ
やっと酸素がカラダに入ってきた
あなた

はぁはぁッ/////

あなた

あぁッ/////

大我の指は休みなく
掻き混ぜてくれる/////


耳元で
とても意地悪な笑みを浮かべて
大我
大我
ココに健人先輩
入れたの?
あなた

あぁッ

あなた

んんッ/////

大我
大我
何を「勉強」したの?
あなた

ふぁッ/////

ただただ

大我がぶつけてくる嫉妬と快感を


必死に受け止めていた

あなた

あッあッ/////

あなた

んんッ/////

身体が敏感になってるせいか

指の動きだけで

イきそうになる
あなた

大我ッ/////

あなた

もうッ/////

大我
大我
イきそうなの?
コクコクと頷くだけで  

精一杯/////



すると

大我の指が止まった…
大我
大我
イかせないよ、笑
あなた

はぁはぁッ/////

あなた

(涙目)

懇願するような気持ちで
大我を見た
大我
大我
お仕置にならないじゃん、笑
あなた

大我ッ/////

大我
大我
さっきは
健人先輩だったの?
まだ続く意地悪な質問…
あなた

うん…(涙目)

大我
大我
今は誰のが
欲しいの?
息を整えながら
あなた

はぁッ…大我のがッ/////

大我
大我
オレの?♡
あなた

欲しいッ/////

大我
大我
いーよ♡
意地悪な顔から


優しい笑顔に戻り…



カチャカチャとスタンバイ、笑


愛おしそうに

ワタシを見つめて…
大我
大我
あなた♡
あなた

大我ッ/////

あなた

あぁッ…んん/////

ナカが大我でいっぱいに/////
大我
大我
なんでそんなに
可愛いの?笑
あなた

んぁッ/////

最奥に密着したまま
動いてくれない

もどかしい気持ちで
大我を見つめる
大我
大我
イかせて欲しいの?
あなた

はぁッ/////

あなた

お願いッ/////

大我
大我
ふふッ♡
可愛くおねだりして?
あなた

大我ッ…/////

ワタシは無意識に腕を伸ばして

大我の首の後ろに掴まって…


まっすぐに見つめて
あなた

いっぱい
気持ちよく
してください/////

大我
大我
ッ/////
大我
大我
可愛いね♡
ゆっくり前後に動き出して
あなた

あぁッ/////

大我
大我
一緒に気持ちよく
なろーね♡
そう言って

奥に奥に快感を届けてくれる/////
あなた

あぁッ/////

あなた

ふぁッ/////

あなた

んんッ/////

大我
大我
はッ…はッ/////
大我の声にならない息遣いと

ワタシの抑えられない喘ぎ声と

腰を打ち付ける音が


部屋中に響きわたる
大我の綺麗な目に

見下ろされてると

ゾクゾクして


さらに子宮がキュンとなる/////



大我
大我
そんなに締めつけたらッ/////
そう言いながらも

動きをさらに早める大我
あなた

あぁッ/////

あなた

大我ッ/////

あなた

あぁッ/////

あなた

ふぁッ/////

大我
大我
イきそ?
あなた

もうッ/////

あなた

イっちゃう/////

大我
大我
いーよ♡
角度やスピードを変えながら
強く奥に
快感を
届けてくれる
あなた

あぁッ/////

あなた

んあッ/////

あなた

んんッ/////

大我
大我
あぁッ/////
大我
大我
ボクもッ…あぁッ!!
あなた

あぁッあぁぁぁ♡

2人は同時に果てた…
大我
大我
はぁはぁ/////
あなた

はぁはぁッ/////

息を整えながら…大我は止まった…









2人並んで寝転がってると…
大我
大我
あなた♡
大我が身体を起こして

ワタシの顔を見つめる…
あなた

ッ/////

大我
大我
なんで照れてるの、笑
あなた

大我が綺麗だから、笑

大我
大我
ふふッ♡ありがとう、笑
でもあなたの方が綺麗だよ、笑
あなた

ふふ♡
ありがとう/////

大我
大我
あー、
またシたい♡
あなた

え?/////

大我
大我
いーでしょ?
あなた

ちょっ…んん/////

唇が塞がれて 




また…





始まりました♡
あなた

あぁッ/////

あなた

んあッ/////

あなた

ふぁッ/////

あなた

あぁッ/////

あなた

もうッ/////

大我
大我
くッ…あぁッ!!
あなた

あぁぁぁッ/////








夕食前まで


ずっとお仕置なのか

ご褒美なのか


分からないけど
続きました♡




添い寝タイムも


大我に愛されました、笑










。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *
変態の皆サマ♡



お待たせしました♡



嫉妬の大我…


あの綺麗な顔が

嫉妬で歪んでも



やっぱり綺麗でした♡




ノロマ更新ですが



妄想(主に変態)はしておりますので


ご安心ください、笑