無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

#7 ハーブティーと北斗
 
ノック音のあと
北斗が入ってきた
北斗
北斗
ハーブティーを
お持ちしました
そう言って
ソファの前のテーブルに
ハーブティーを置く


ワタシは仕方なく
ベッドから出て

ソファに座った
あなた

ありがとう

北斗
北斗
コレを飲むと
気持ちが落ち着いて
ぐっすり眠れますよ♡
あなた

ワタシはいつでも
落ち着いてるけど?

北斗
北斗
ふふッ
樹から報告がありましたので、笑
あなた

別に大したこと
じゃないけど?/////

北斗
北斗
そうですか、笑



疑問に思ったことを
聞いてみようかな…
北斗
北斗
何か聞きたいことが
あるんじゃないですか?
さすが北斗、
なんでもお見通し、笑
あなた

あのね、なんで急に
ジェシーや樹が…

北斗
北斗
私の指示です、笑
あなた

はぁ?

北斗
北斗
厳密に言うと
大旦那様の指示でございます。
それを私が他の
執事達に指示しました、笑
あなた

なんで
おじいちゃんが?

聞きたいことが
次から次へと出てくる…
北斗
北斗
話せば長くなるので
今日はこのへんで
終わっておきましょう
あなた

そんなに
ヤバいことなの?

北斗
北斗
ふふッ
単純なようで
複雑で…
でもシンプルです
あなた

なにそれ、笑

北斗
北斗
明日の朝
ご説明しますから…
あなた

ふーん

北斗
北斗
今日はこの
ハーブティーを飲んで
ゆっくりおやすみください
あなた

はーい

意外と素直なワタシ、笑
ハーブティーを飲んで
またベッドにもぐりこんだ
北斗
北斗
眠るまで
お傍にいますから…
ベッドに腰掛けて
子どもをあやす様に
ワタシのアタマを撫でる
あなた

子どもじゃないんだけど/////

北斗
北斗
大人扱いしようか?
(ニヤッ)
あなた

なんで
その思考回路になるのッ?/////

北斗
北斗
お子ちゃまには
刺激が強すぎたようですね、笑
あなた

もぉッ/////

北斗
北斗
元気になりましたね、笑
北斗の意地悪のお陰で
ちょっと元気になった、笑
北斗の手が温かくて
知らないあいだに

眠りについていた…