無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

#9 通学路と樹
車に乗りこみ

樹の運転で学校へ向かう…
樹
あなたサマ、
大丈夫ですか?
顔色が優れないようですが…
バックミラー越しに目が合う
あなた

さっきの話
ホントなの?

樹
ホントですよ♡
あなた

ヤじゃないの?
ワタシみたいな歳下に
仕えるなんで…
政治家のご子息で…

樹
息苦しい家から
飛び出したかったんです、笑
大学にも通わせて貰ってるし
女の子をキレイにするのは
好きだし、笑
あなた

え?大学生なの?

樹
あれ?知りませんでした?
あなた

うん…知らない

樹
他のヤツも大学通ってますよ♡
樹
大旦那様が
チャンスをくれたんです
あなた

チャンス?

樹
みんな二世とか
血筋とかで…その重圧に
潰されそうになっていたとき
大旦那様に声を掛けてもらって
自分やりたいこと
見つけるために
家から自立するチャンスを
くれたんです
あなた

……

樹
実家に居たまんまじゃ
美容師免許も取れなかったし、笑
でもいつか継ぐ時のために
大学で経済の勉強も始めたんです
ココには色んなチャンスが
あるんです♡
あなた

そうだったんだ…

樹
あなたサマのフィアンセも
悪くないですよ♡
あなた

/////

学校に近くに…
あなた

ココで降ろして

樹
では、放課後
お迎えに上がりますね



複雑な気持ちのまま
学校の時間過ごした…