無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

#14 アロマと樹
北斗との話が終わり



ちゃぷん…

入浴タイム
あなた

(´,,-ㅿ-,,`)フゥ-

外に聞こえないように(笑)
小さいため息をつく…

なぜかって?
#6参照してね、笑
コレからどうなるんだろ…

不安を払拭するように
あなた

とにかく6人を信じて
みよう…

独り言、笑
バスタイムをゆっくり過ごして



樹の部屋に向かった
樹の部屋の前で
一呼吸おいて

ノックする
あなた

樹、いい?

樹
どーぞ♡
部屋に入ると
いい匂いがする


思わず
あなた

いい匂い♡

樹
今、アロマの勉強も
してるんです、笑
いつものように
樹に髪の毛をチェックしてもらい
樹
髪の毛、イイ感じだから
香り重視のトリートメントを
使いますね
あなた

うん♡

ドライヤータイム♡
あなた

素敵な香りだね♡

樹
実はこの香り、
オレの好みなんです、笑
あなた

樹の好きな香りなんだ♡

樹
この香りのする女の子がいたら…
Kissしたくなるんです、笑
あなた

え?/////

鏡越しに目が合う…
樹
まだ乾いてないから
逃げちゃダメですよ
先に釘を刺される、笑
あなた

はーい
(苦笑)

やっとドライヤータイムも終わり

毛先を整えながら…
樹
北斗から
全部聞きましたか?
あなた

6人と恋愛するって話?

樹
そう、笑
あなた

婚約発表の
タイムリミットの話?

樹
それも、笑
あなた

樹
他は?
あなた

他?

あなた

…オトコに慣れてくださいッて
言われたよ/////

樹
慣れるッて意味、
分かってる?
あなた

ハグされたり、でしょ?

樹が後ろからハグしてきた…

鏡の中の樹と目が合う…
あなた

/////

樹
その先も、だよ?
あなた

その先?

固まるワタシ…
樹
練習してみる?♡
鏡の中の樹はウインクする
あなた

あッ、宿題しなきゃ/////

樹の腕を振りほどいて
立ち上がり


逃げるように出てった
(毎回、笑)





樹
あーぁ、
逃げられちゃった、笑
嬉しそうな樹でした、笑