無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第76話

#76 健人先輩と…🔞






今、健人先輩のお部屋にいます…



え?なんでこうなったのか…って?







説明すると…









午後の授業が急に休講になった…






今日は夕方までお迎えがない
(急に休講になったから…)
どう時間を過ごそうかな、と

考えていたら




健人
健人
「あなたも休講?」
健人先輩からLINEがきた♡
あなた

「はい、急に」

健人
健人
「一緒に勉強しない?」
あなた

「勉強?」

健人
健人
「もうすぐ中間テストだし、
1人だと勉強せずに
ゲームしそうだから、笑」
あなた

「じゃあ、一緒に♡」

LINEのやりとりを終えて



待ち合わせの場所を

伝えられた…



てっきり

学校の図書室か

生徒会室で勉強すると思ってたら…






待ち合わせは学校の外のコンビニ…


スイーツや飲み物を買って…
健人
健人
じゃあ、行こ♡
あなた

はい♡

学校とは反対の方向へ歩きだした…
あなた

先輩?

健人
健人
ん?
あなた

学校で勉強するんじゃ…?

健人
健人
オレの部屋、
あのマンションなんだ♡
ワタシと健人先輩は
自然と手を繋いでいて

健人先輩が指さしたマンションに
向かっていた…



なぜか
ドキドキしてるワタシ…




勉強だよね…






いつの間にか
マンションのエレベーター
いつの間にか
とある部屋の前…
健人
健人
さ、どーぞ♡
あなた

お…邪魔します…/////

健人先輩に促されて

部屋に入った…




ということで



健人先輩の部屋です…





戸惑ってるワタシを察したのか…
健人
健人
ココね、
元々親父の借りてた部屋なんだ、笑
あなた

お父様の?

健人
健人
そ、親父の趣味の部屋なんだけど
偉くなり過ぎて
ココに来る時間がねーんだって、笑
あなた

健人
健人
高校近いし
たまにオレが
使ってるの、笑
あなた

そーだったんですね…

健人
健人
さ、飲み物並べて
勉強しよっか♡
あなた

はい♡

2人はリビングにある
ソファ前のローテーブルに

スイーツや飲み物を出して


勉強始めた…





けど…



健人先輩はノートや本を全部見ていない…



健人
健人
ふふッ♡
そう、ワタシの顔をずっと見てる…/////
あなた

先輩?あの…/////
視線感じるんですけど/////

健人
健人
だって
見てるんだもん、笑
あなた

ッ/////

健人
健人
ホントに勉強だと思った?
あなた

え?/////

ワタシとの距離を詰めて
身体を密着させる/////
あなた

勉強ですよね?

健人
健人
恋愛の勉強しない?
あなた

え?/////

健人
健人
どうやったら
あなたがオレのこと
好きになってくれるか…とか?
あなた

ッ/////

健人
健人
もう好きになってる?笑
あなた

あのッ…/////

健人
健人
ふふッ♡
顔が真っ赤だよ?
あなた

先輩が近いからですッ/////



健人先輩に見つめられて

ドキドキがMAXに…

健人
健人
あなた…
健人先輩の綺麗な顔が近づく…


ふわっと唇が重なった…



少ししてから

ふわっと唇が離れて…



見つめられて


やっぱり


恥ずかしくて


目を合わせられない/////
あなた

ッ/////

健人
健人
あなた♡

優しい眼差しで


覗き込む健人先輩…
健人
健人
好きだよ♡
また


重なる唇…


舌が侵入して



2つの舌が絡む…
あなた

んんッ/////

離れないように

後頭部をホールドされていて…




胸が痛くて…切なくて


でも優しい時間が流れる…
やっと唇が解放されて…



トロンと
とろけてしまう…
あなた

はぁ…はぁ…/////

健人
健人
続けて…いい?
あなた

ッ/////

ヤなんて…言える?
(作者は言わないッ♡)
健人
健人
YESだね?
あなた

(コクン)/////

健人
健人
照れた顔…可愛いね♡
ニコッとして


またKissしながら

ワタシをゆっくり押し倒す…
制服のボタンを外され…


隙間からデコルテを
スーッとなでる…
あなた

んんッ…んふッ/////

唇を離して

嬉しそうな健人先輩の顔が見える
健人
健人
もっと声出して?
耳元でささやきながら

首すじや

鎖骨を刺激してくる…
あなた

あッ…ふぁッ/////

あなた

あ…んッ/////

健人
健人
あなたの喘ぎ声…
もっと聞かせて…♡
ブラウスのボタンが
全て外されて


ブラが丸見え…/////
反射的に腕で隠すけど…
健人
健人
見せて…♡
器用に背中に手を回し
ブラのホックを外す…


器用に服を脱がされて…


あっという間に上半身は
何も着けていない状態に…

スカートもめくりあがっていて…
健人
健人
もう♡
エロいんだから♡
胸の先を口に含み

舌を上手く使って転がす
あなた

あぁッ/////

あなた

んんッ/////

もう片方の先もクリクリと
つままれて刺激をくれる/////
あなた

あッ/////

あなた

ふぁッ/////

あなた

あぁッ…んッ/////

健人先輩の指先や
舌がエロく…器用だから…/////


仰け反ってしまうほど
感じてるワタシ…
胸だけでイきそう…/////
健人
健人
胸だけでこんなに
乱れるの?♡
健人
健人
レロレロ♡
わざと意地悪な言葉で煽る健人先輩/////
あなた

あぁッ/////

あなた

先輩がッ/////

健人
健人
オレが?笑
あなた

健人先輩が気持ちよく
してくれるからッ/////

健人
健人
ふふッ♡
嬉しいよ♡
あなた

あぁッ/////

もっと舌で転がす先輩…
あなた

んんッ/////

健人
健人
もっと気持ちよく
してあげる♡
めくりあがったスカートに
手が伸びる…


太ももの間に…
健人
健人
下着がどーして
濡れてるの?笑
あなた

あぁッ/////

健人
健人
あなた♡
答えてよ、笑
下着の上から

濡れてる部分をなぞってる…
あなた

んんッ/////

あなた

わかんないッ/////

もどかしくて

奥がもっと欲しがってるのがわかった…
健人
健人
腰、浮いてるね、笑
あなた

先輩ッ/////

下着のナカに指が…
あなた

ふぁぁぁッ/////

くちゅくちゅという音が響く…
健人
健人
こんなに
くちゅくちゅさせて♡
下着を脱がされて…


指が2本ナカに…
あなた

んんッ/////

あなた

あぁッ/////

健人
健人
もっと入るね♡
あなた

ふぁッ…んッ/////

恥ずかしくて
足を閉じる…
健人
健人
閉じたらダメじゃん、笑
太ももを抑えて 

顔をそこに寄せた…
健人
健人
レロレロ♡
あなた

あぁッ…ふぁッ/////

健人先輩の舌がクリに/////
あなた

ヤッ/////

あなた

ダメッ/////

健人
健人
甘いね♡
あなた

せんぱッ…あぁッ/////

舌がナカにも…/////
健人
健人
レロレロ♡
健人
健人
舐めても舐めても
溢れてきて…
あなた

はぁッ…ふぁぁぁッ/////

健人
健人
何かで塞がないと、笑
あなた

先輩…/////

ワタシを見下ろす健人先輩…


その優しい健人先輩の目の奥に

オトコの本能のようなものが見えた…
健人
健人
どうして欲しい?
指でナカを刺激しながら

1つしかない答えを聞きたがってる…
あなた

先輩…/////

健人
健人
ん?
あなた

欲しいですッ/////

健人
健人
誰の?
クイっと刺激する健人先輩
あなた

ふぁッ/////

あなた

はぁ…健人先輩のッ/////

健人
健人
OK♡
健人先輩も


ネクタイをゆるめ

シャツのボタンを数個外して



カチャカチャとスタンバイ
(ゴムも用意周到♡)
健人
健人
いくよ?
その言葉と同時に

ワタシのナカへ…
あなた

あぁッ…んッ/////

健人
健人
あぁッ…ナカが♡
あなた

ふぁッ/////

健人
健人
締めつけんなって♡
1番奥に届くように密着して

ワタシを抱きしめた
あなた

先輩ッ…/////

健人
健人
あなたのナカ
最高だよ?♡
あなた

あぁッ…んんんッ/////

舌を絡める深いKissをしながら…


腰を強く振り始めた
あなた

んッんんッ…んふぁ/////

息が上手く出来ないくらい

口もナカも

健人先輩に支配されていて…
あなた

んんッ/////

あなた

んッ/////

あなた

ふぁッ/////

健人
健人
あぁッ…気持ちいーねッ
やっと唇は解放されるけど

健人先輩は

奥に強く優しく


快感を与えてくれる
あなた

はぁ…あぁッ/////

あなた

あぁッ…奥がッ…/////

健人
健人
奥がいーの?
あなた

壊れちゃうッ/////

健人
健人
壊れちゃうくらい
いーんだ♡
あなた

あぁッ♡あッ/////

角度やスピードを
変えて

ワタシにもっと快感をくれる…/////
健人
健人
もっとッ
声出してッ…
あなた

あぁッもう…/////

あなた

ふぁッ/////

あなた

健人ッ…せんぱッ/////

健人
健人
あなたッ♡
あなた

イッちゃうッ/////

健人
健人
イケよッ♡
健人先輩の刺激と
耳元でささやく声で…

子宮の奥がキュン死した/////
あなた

あぁぁぁッ/////

肩で息をして
くたっとなったワタシをみて
健人
健人
イッちゃった?
ナカがもっと締まるね♡
あなた

はぁはぁ…/////

健人
健人
オレまだだから…
健人先輩の吐息混じりの息遣いと

腰を強く打ちつける音が響く
イッたばかりなのに


また子宮の奥が悦びだす…

あなた

あッ…んんッ/////

健人
健人
はぁッ…はぁッ
あなた

あぁッまた…/////

あなた

ふぁッ/////

あなた

またッ…イッちゃう/////

健人
健人
はぁ…あなたッ♡
あなた

あぁッ…もうッ/////

健人
健人
オレもッ…はぁッ…
スピードがあがり…



快感の向こうへ

集中する…
あなた

あ…あぁッ/////

あなた

んんッ…あぁッ/////

あなた

あッ…/////

あなた

あんッあんッ/////

あなた

あぁッ…/////

あなた

あぁッ…んんッ/////

健人
健人
あぁッ…くッ…あぁッ!!
健人先輩は奥に密着させて止まり…



2人は同時に果てた…



あなた

はぁはぁ…/////

健人
健人
はぁはぁッ
健人先輩は



息を整えながら
ゴロンとワタシの横に寝転がった…




健人
健人
あなた♡
あなた

先輩?

天井をみながら

指を絡ませて手を繋ぐ…
健人
健人
今日は…一緒にいれて
よかった♡
あなた

/////

健人
健人
また勉強しようね、笑
あなた

ッ…/////

絡める指に

力が入ったのを感じた…



恥ずかしいのと


嬉しいのと


色んな感情が交差する
あなた

先輩…/////

健人
健人
もう少し…あなたを
感じたい…
身体を起こしてワタシを
上から見つめて…





また…


2人の勉強が始まった…/////



あなた

あぁッ/////

あなた

ふぁッ/////

あなた

んんッ/////

健人
健人
もっと感じて?
あなた

んんッ/////

健人
健人
もっと声出して♡
あなた

ふぁッ/////

健人
健人
上おいで♡
あなた

あッあッ/////

あなた

いいッ/////

あなた

んんッ/////

あなた

もうッ…/////

健人
健人
あぁッ!!
あなた

あぁッ/////

健人
健人
はぁはぁッ
あなた

はぁはぁ/////






こんなふうに


時間が許す限り


優しく愛されましたッ/////











。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *




作者の書き終えた気持ち…





表すなら…


まさにコレ♡




ケンティは





















『あまーーーーーーーいッ』

Byスピードワゴンの井戸田サン風、笑








ケンティは


やっぱり王道で攻めてみました♡






小細工無しの



正攻法の




えちえちが



もう



ヨダレです、笑