無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第83話

#83 北斗と照先生 🔞🔞🔞
まだ肩で息をするワタシの頭を

優しくポンポンする照先生
あなた

/////

イジメられたあとに


やさしくするのはズルい←ワガママ、笑

照
いいこと思いついた、笑


クシャっと笑顔を浮かべながら…
解いた帯紐を

ワタシの両手に巻き付けて…


ベッドのフレームに括りつけた…
あなた

センセッ/////

照
縛られるのは
嫌いじゃないだろ?笑
自由が奪われた状況に

また子宮の奥が疼くのを感じた/////
あなた

はぁッ…/////

北斗
北斗
腰が動くね、笑
照
まだ欲しいんだ?笑
あなた

ふぁッ/////

両方から

意地悪に言われて…

まだどこも触れられていないのに

ナカから愛液が溢れてくる/////
照
エロい身体、
好きだよ、笑
北斗
北斗
また溢れてくるね、笑
あなた

んんッ/////

2人の指がナカとクリを

イジメだした/////
あなた

あんッあぁッ/////

あなた

ふぁッ/////

手が縛られているから

腰をくねらせるしかできなくて/////
照
その腰の動き…
お前エロ過ぎ、笑
北斗
北斗
こんな風に育てた覚えは…
北斗
北斗
…ある、笑
あなた

んんッ/////

あなた

もっと/////

もう恥ずかしさよりも

子宮が欲しがる本能に従う言葉が

勝手に出てくる/////
北斗
北斗
素直だね♡
照
承知しました、お嬢様♡
『ググッ』と勢いよく
照先生自身が

またナカへ/////
あなた

あぁぁッ♡

照
ホントにナカが
キツくて♡
笑顔を少し歪ませながら
大きく打ちつけてくれる照先生

あなた

あんッ/////

あなた

ぁぁッ/////

あなた

イイッ/////

照先生が与えてくれる
粘膜と粘膜が深く擦れる快感を

必死で受けとめていると…/////
北斗
北斗
しゃぶれよッ
北斗の大きくなったモノが

目の前に/////


北斗は少し嫉妬混じりの笑顔を
浮かべていた…
あなた

ふぁッ/////

あなた

ほくッ♡

北斗を心の中から愛おしく思い…

一生懸命に愛撫する/////
あなた

レロッ♡

あなた

はむッ♡

北斗
北斗
奥までッ…
あなた

んんッ…ジュボッ

北斗
北斗
キレイにしろよッ
あなた

んんッ♡

北斗
北斗
舌を…そう…はぁッ/////
照
しゃぶらされて
締まるなんて♡
あなた

んんッんッ/////

照先生がワタシを揺さぶるように
突き上げてくる/////
あなた

んッ…んッ♡

あなた

んふッ/////

ガツガツと
腰を打ちつけて快感を奥まで


届けてくれるから…/////
北斗
北斗
こっちに集中しろよ、笑
口から離れないように
頭を押さえられて/////
照
上のクチも
下のクチも、笑
北斗
北斗
塞がれて、笑
北斗
北斗
はぁッ
照
はぁッ
2人とも 

自分の絶頂に集中して腰を振っている/////
あなた

んーッ!!んッんッ/////

ワタシも絶頂がそこまできてる

苦しさと快感が入り交じり

身体の奥に

2人の愛情が染み込んでくるみたい/////
あなた

んッ/////

あなた

んふッ/////

あなた

ふぁッ/////

北斗も照先生も

腰を動かすスピードをあげて…
照
あぁッ/////
北斗
北斗
はぁッ/////
あなた

んんッ/////

あなた

んッんッ/////

照
もうッ
北斗
北斗
オレもッ
トップスピードから

だんだんゆっくりになり


照先生も北斗も止まった…

そしてワタシの

口の中に何かでいっぱいになった…
照
はぁはぁッ
北斗
北斗
はぁはぁッ
あなた

ゴクン♡

北斗のモノが
口から離れて…
あなた

はぁはぁッ/////

北斗
北斗
次はそっちで…♡
照
オレのもキレイにしてね♡
照先生と北斗が入れ替わり/////
あなた

ふぁッ♡

北斗
北斗
あぁッ…やっぱキツッ♡
あなた

ほくッ♡

照
しゃぶれよッ
あなた

んんッ/////

ねじ込まれる照先生のモノ/////
あなた

んふッ♡

口調は意地悪なんだけど

笑うと目じりが下がって可愛くなる照先生♡

何だか可愛く思えて/////

一生懸命に口で愛する/////
あなた

ジュボジュボ

照
上手いじゃんッ♡
照
あぁッ…もっと奥までッ
北斗
北斗
舐めて悦んでッ
淫乱なお嬢様♡
荒々しい2人のモノが

ワタシのナカを犯す
頭の中はもう「イきたい」しかなくて


必死に全ての快感を味わってる
あなた

んふぁッ/////

あなた

ジュボジュボ♡

照
あぁッ…
天井を仰ぐように顔を上げて
絶頂に向かう照先生…
北斗
北斗
はぁッ…もうッ…
表情を歪ませて絶頂に向かい
スピードをあげる北斗
あなた

んふッ/////

あなた

んッ/////

ワタシももうそこまで…/////
あなた

んふぁッ/////

あなた

レロッ…んッ♡

あなた

あッ…んッ/////

あなた

んんッ…んふぅッ(もうッ)

北斗
北斗
あぁッ…くッ…
照
全部飲めよッ…あぁッ
あなた

んんッ…んーッ/////

3人は同じタイミングで

絶頂を迎えた…/////
あなた

ゴクン/////

北斗
北斗
はぁはぁッ…
照
はぁはぁッ
2人のモノがナカから出されて…
あなた

はぁはぁ…/////

照
まだイける?
北斗
北斗
イけるよね?笑
あなた

はぁはぁッ/////

底なし?笑

2人はアイコンタクトしてるし、笑
照
外してやるよ♡
やっと両手が自由に…
北斗
北斗
四つん這いになって…
誘導されるがままのワタシ/////
あなた

はぁはぁッ…/////

照
こっちがら
イかせてやるから…
素早く後ろにまわり

バックから照先生のモノが…/////
あなた

ふぁぁぁぁッ/////

北斗
北斗
顔あげて♡
目の前には

北斗の優しい顔/////
あなた

ほくッ…んんッ/////

北斗はKissをしてくれたあと
北斗
北斗
しゃぶってるあなた
エロくて最高なんだけど?
そう言って

また北斗のモノが

口にねじ込まれる/////
あなた

んふッ…/////

前から後ろから


2人に愛されて…/////
照
もうお前しか
要らねぇよッ…はぁッ
ワタシの腰をしっかり掴んで

後ろから突き上げる照先生…/////
北斗
北斗
もう…お前以外は…あぁッ…
荒々しく腰を振る北斗…/////
あなた

んふぁッ♡

あなた

あッ…/////

北斗
北斗
あぁ…はぁッ
照
あぁッ…!!

何度も何度も

2人のモノに愛されて…



何度も何度も果てて…
北斗と照先生が入れ替わり…


何度も色んな体位になり…



前から後ろから…



見下ろされたり/////


見上げられたり…/////
北斗
北斗
今度は…
照
上に来いッ…
北斗
北斗
後ろ向いて…
照
もっと奥までしゃぶって…
北斗
北斗
うつ伏せて…
あなた

ぁぁぁッ/////

あなた

あッ/////

あなた

あッ/////

あなた

もっと/////

あなた

奥ッ/////

あなた

もっと…/////

あなた

はぁッ/////

あなた

また壊れちゃうッ/////

あなた

イっちゃうッ/////

あなた

ふぁぁぁぁッ/////

あなた

んんッ/////

何度目かもう分からないくらい…



3人は絶頂を味わって…
照
はぁはぁッ
北斗
北斗
はぁはぁッ
あなた

はぁはぁ…/////

息を整えながら…




ワタシは…



気を失うように眠りについた…








。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚









ԅ(//́Д/̀/ԅ)ハァハァ♡



変態の神様が降臨しました…





3Pされたい/////


縛られたい/////


「しゃぶれよ」って言われたい/////


四つ這いで/////


後ろから責められたい/////


そして前からねじ込まれて/////
イケメンが表情を歪ませて/////





もう


ドMの願望フルコースを


詰め込みました、笑
大満足のお話書けたので

また勉強頑張れそうです♡




いつも応援


ホントにありがとう♡



変態仲間が増えて


嬉しいです(*ˊᗜˋ)



。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* 


セカンドシングルの

ナビゲーター発売日もやっと決まり


6にご縁があるSixTONES



やっぱり大好きだー(๑´ω`๑)




では♡