無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

#22 宿題の期限
無事にみんなでお家へ、笑





食事や入浴も全て終わり


自分の部屋のソファに座り

スマホ触ったり
雑誌を読んだりして
ゆっくりしていた





今日は
ちょっとだけ怖い思いもしたけど


みんな助けてくれたし、笑

映画も楽しかったし
いい一日だったな♡




ノック音
北斗
北斗
失礼します
北斗
北斗
ローズヒップティーを
お持ちしました
カップをテーブルに置いた
あなた

ありがとう♡

北斗
北斗
今日は色々あって
お疲れになられたのでは?
あなた

うん、まぁね…

北斗
北斗
ローズヒップティーには
疲労回復や美容にいいので
あなた

そーなんだ♡
北斗はなんでも知ってるね♡

北斗
北斗
全てはあなたサマの
ためですよ?
あなた

あ、ありがとう/////

優しい北斗だと調子が狂う、笑



北斗
北斗
そう言えば…
ワタシの横に座り
まっすぐ見つめる北斗
北斗
北斗
そろそろ宿題の
期限なんだけど…
忘れてない?
あなた

/////

忘れるわけない…
あなた

分かってる…/////

考えないようにしていたけど  

やっぱり考えてしまう…









少しの沈黙のあと…
北斗
北斗
答え…
聞いてもいい?
あなた

/////

あなた

あのね…/////

北斗は優しく見つめて
答えを待っている…




ワタシの答えは…












┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈
誰でしょうね、笑



ニヤニヤしながら迷ってますが
(キモイ、笑)

決まってます、笑




異論反論批判苦情と
リクエストは受付けておりません、笑