無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

#47 ドアの先
パーティというより
ご挨拶タイムは疲れる…


ワタシは休憩できる所を探して

会場内をキョロキョロ見渡す…
ボーイサンいないな…
あなた

あッ

ボーイサンの代わりに見つけたのは…

執事サン達が
それぞれ女性と一緒にいるシーン…

女性はホントに綺麗で
みんなデレデレして
嬉しそう、笑

ジェシーと樹はそれぞれ3人に
囲まれてる…

北斗は…5人に囲まれて…


みんなさすが、笑
あんなにイケメンなんだから
当然だよね、笑
と自分に言い聞かせる…
あなた

なんか疲れた…(小声)

やっとボーイサンを見つけた
あなた

ちょっと疲れて…
休憩できる所、ありませんか?

パーティ会場に数箇所ドアがあり
その先は参加者なら
誰でも入れると教えてくれて

1番近くのドアを案内された


ボーイサンにお礼を言って
1人でドアの先に入った…
あなた

お邪魔します…(小声)

中は薄暗い…

でもレイアウトは普通の
ホテルの一室みたい


なんか声がする…
話し声じゃなくて…

テレビの音かな…


女性の甲高い声…
喘ぎ声?
奥のソファを見ると…


え?

男女が裸で…

真っ最中/////



びっくりして声が出そうになったけど
必死で口を抑えた


女性は頭しか見えないけど
男性は筋肉質なんだけど
引き締まっていて
細マッチョ…
力強く腰を打ちつけている
真っ最中だった…
その男性とバッチリ目が合い

片方の口角を上げて
ウィンクして

また目の前の女性に集中する…
死角で見えないさらに奥から
その男性ではない別の男性の声「イケよ♡」
って煽る声と

別の女性の喘ぎ声が聞こえる…



何ココ、ヤバい(⚭-⚭ს)

物音を立てないように
その部屋を出た…
あなた

(´×ω×`)フー

案内された別のドアもあるけど 
同じような状況かも…と思うと


入る気にはならなかった…
仕方なく

バルコニーに出た
誰とも関わりたくなかったから

バルコニーでも
端っこの角になってるところで

ボーッと夜景をみていた





少し時間が経過して…



後ろから声を掛けられた
「お嬢さん、ジュースはいかがですか?」
振り向くと…


さっきの部屋の男性/////


ビシッとスーツを着て
さっきの雰囲気とは違う…けど

さっきの人、笑
照
やっと見つけた♡
風磨
風磨
え?この子?
もう1人来たけど
さっきの部屋の「もう1人」と同じ声みたい…
あなた

あの何かご用ですか?

照
さっきあの部屋で
目が合ったよね♡
可愛いって思って
会いたかっただけ、笑
風磨
風磨
コイツが可愛い子がいたって言うから
見に来た、笑
照
コイツって
一応オレ年上だからな、笑
2人で楽しそうで何より…

ワタシ、関係ないじゃん…
風磨
風磨
とにかく、
可愛いね♡
照
さっきの部屋で
ゆっくりしない?
あなた

お断りしますッ

逃げたいけど

バルコニーの角だから
2人が前に立つと
逃げ道ない…どーしよ…



困ってると

見覚えのあるシルエット♡
北斗
北斗
オレの彼女
口説かないでくれますか?
あなた

北斗ッ♡

2人は仕方ない感じで
解放してくれた…
照
彼女なら
しっかり掴まえておかないと♡
風磨
風磨
そそ、こんなに可愛い子、
1人でバルコニーいたんだから、笑
悪びれる様子ゼロ、笑

2人は
「じゃあね♡」と言って

パーティ会場のどこかに消えた…
とにかく

北斗に助けられた、笑
あなた

北斗ッありがとう♡

北斗
北斗
少し目を離したら…
もう離れないように
縛っておきましょうか、笑
あなた

それはお断りします、笑

北斗
北斗
ふふッ
残念です、笑



ワタシ達もパーティ会場に戻った



戻ると他の執事サン達も
女性に囲まれることなく

談笑していた
あなた

あれ?
キレイな女の人達はもういいの?

樹
全員…元カノだから、笑
大我
大我
そう、元カノと
ちょっと挨拶してただけだよ、笑
慎太郎
慎太郎
元カノ、バレちゃった、笑
ジェシー
ジェシー
秘密にしておきたかった、笑
優吾
優吾
妬いたんじゃない?笑
北斗
北斗
キレイに別れてますから、
安心してくださいね、笑
あなた

元カノ…笑

どこからその余裕が来るんだろ、笑
北斗
北斗
そうだ、
大旦那様がお探しでしたよ
あなた

え?おじいちゃんが?

北斗
北斗
そろそろ
出発するそうです
あなた

もう?

北斗
北斗
お忙しい方ですから、笑
慌てておじいちゃんを探す

貫禄のオーラ出てるから
すぐに見つけるけど、笑
あなた

おじいちゃんッ

駆け寄った


爺「飛行機の時間があるから、
今日は久しぶりに会えて嬉しかったぞ」
あなた

次はいつ帰って来るの?

爺「ワシの米寿の祝いの時だな、笑」
あなた

気をつけてね♡

爺「じゃあ」
と言って

秘書やSP達に囲まれて会場を後にした






あなた

ちょっとパウダールームに
行ってくるね

6人に告げて

1人でパウダールームに入った
そこには…


あのケバケバな女の人がいた
(#46 ラスト近く参照♡)


ちょっと苦手なタイプだけど

軽く会釈してスルーしようと思ったら




女「あなた、健人の何?」

絡んできた…
めんどくさいなぁ…と
思いながら…
あなた

別に何もないですが
もしあったとしても
知らない人には言いませんよ♡

健人先輩みたいに
ナチュラルウィンクしてみた
ちょっと言い過ぎたかも
と思ったけど


色んなイライラが積み重なってたから
止められなかった、笑
( ゚皿゚)キ─︎─︎ッ!!

って表情を
初めて見た、笑
これ以上関わらない方がいいと思って
パウダールームから出たけど


出たところで


あのケバケバ女が
思っきり後ろからぶつかってきた
あなた

スッテンヾ(⌒(_*'ω'*)_コロリ

あなた

(ฅㅂ*)ゞイテテ…

ニヤッとしてみてるだけの
ケバケバ女…
ワタシの元に駆け寄る北斗を
追い抜いて健人先輩が

ワタシを起こしてくれた…
健人
健人
大丈夫?怪我はない?
あなた

ヒール慣れなくて
こけちゃいました、笑

北斗
北斗
何も無いとこでコケるなんて
流石でございます、笑
あなた

嫌味言いに来たの?笑

北斗
北斗
ふふッ、半分そうかもしれません、笑
とにかく、
お怪我なくて良かったです、笑
あなた

ふふ♡
日頃の行いがいいからね♡

優しい北斗の笑顔が
痛いのを忘れさせてくれた
北斗
北斗
冗談はコレくらいにしておいて
急に真剣な顔になり…

ケバケバ女の方を見つめて
北斗
北斗
もし、この西園寺あなたサマに
怪我を負わせた奴がいるなら
その者だけでなく
家族や会社がどうなるのか…
ドSの笑みを浮かべて

釘を刺した…
北斗
北斗
私の口からは
コレ以上言えませんが、笑
ケバケバ女は
固まっていた…





健人
健人
とりあえず…
ふわっとワタシをお姫様抱っこする
健人先輩…
あなた

先輩ッ/////
歩けますッ/////

健人
健人
ヒール、
折れてるよ、笑
北斗
北斗
車、手配してきますね
健人
健人
いえ、僕の部屋に運びます
健人先輩に
お姫様抱っこされて…


みんなの注目の的になった…












┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈
はい、出ました(⌯︎¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)✧︎

風磨サマと照サマ♡


あともう1人くらい
増やします、笑




全部ワタシの好みです♡




今はただただ
岩本照の腹筋に抱かれたいです♡