無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

558
2022/01/25

第51話

LI



先程、女子更衣室でばったり檜原と会ってしまった

なんで泣いてるのか、理由を言うと…





あなた
かっちゃん友達と、言い合いして…
檜原陽香
ふーん…で?
あなた
え…?
檜原陽香
友達って、誰?















──── もう、爆豪くんに近づかないでね?





あなた
…(ゴクッ






言っても…いいのかな。

嫌な予感がする。





檜原陽香
早く言いなさいよ。
あなた
…かっ、ちゃん。






ゆっくりと彼の名前を言うと、

檜原は驚いた顔をし、「え…?」と言った





檜原陽香
アンタ…爆豪くんと、喧嘩したの?
あなた
け、喧嘩じゃないし…!






すると檜原はニヤニヤしながら「ふ〜ん…」とか言いながら更衣室を出ようした。





檜原陽香
アンタも精々頑張りな。
あなた
はぁ…?
檜原陽香
アンタより先に、爆豪くんのこと、
私が取っちゃうからね!
あなた
!…






檜原…本気でかっちゃんのこと好きなの?



胸がモヤモヤする。





あなた
あっ、そ。
あなた
勝手にすれば?
檜原陽香
ふふっ、
ありがと、あなたちゃん!
あなた
うっ、(吐き気が…)






さっさと着替えて、教室に行こ…















───






私はゆっくりと席に着いた。


もう既にかっちゃんは来てた。





あなた
…!
爆豪勝己






こちらをじーっと見つめてくる。





轟焦凍
狛魏、大丈夫か。
あなた
あ、轟…ごめん、通れないよね。






私が席に着くと、轟が耳打ちしてきた。





轟焦凍
なんかあったら、いつでも相談しろよ。
あなた
!…うん、ありがと。






私は思わず、轟が席に着くまで彼を見ていた。


前を向くと…





あなた
ひぇ…
爆豪勝己
…(睨






睨んできてる…

でも、これに関しては最初に私が手加減したのが悪いし、謝った方がいいな。





あなた
…ねえ、かっちゃ__
相澤消太
お疲れ。
あなた
あ…






先生…タイミング悪っ。





相澤消太
つー事で、明日 明後日は休校だ。
相澤消太
体育祭を観戦したプロヒーローから指名などもあるだろうが、それはこっちで纏めて休み明けに発表する。
相澤消太
ドキドキしながらしっかり休めよ。






その後、私は途中まで出久と一緒に帰った。


かっちゃんもいたけど、
一言も言葉を交わせなかった。





緑谷出久
狛魏さん…もしかして、かっちゃんとなにかあったの…?
あなた
…まあ、ちょっと言い合いしちゃって、
あなた
今が謝るのに1番いいんだけど、
なかなか言い出せなくて…
緑谷出久
そっか…仲直り、頑張ってね。
あなた
うん、ありがと。






私達はそこで別れた。


空はもう時期真っ暗になる。

早く家に帰りたかったんだ。





あなた
(嫌な予感がする…)






アパートにつくと、下の階の人に引き止められた。



「体育祭、おめでとう!」とまず最初に祝ってくれた。



しかしその笑顔は急に消えた。





そうそう。早苗さん、午前中までは盛り上がってたんだけど…
何故かさっき、急に静かになってね…
あなた
え…あぁ、
心配だったから、あなたちゃんが帰ってきてくれて安心したわ。






下の階の人には「なんかあったらすぐに伝える。」とだけ言い、自室に急いだ。





あなた
…ただいま。
あなた
早苗姉さん?






私は恐る恐る、寝室の扉を開けた。





あなた
…ぇ、あ……早苗、ねぇさ…
ん?






その人は振り返った。


金髪で、頭から血を被ったような頭に、

虹色の瞳。





あなた
…食べ、てる……







光の無くなった瞳、
血だらけの体と手足、

ボリボリと彼女を食べる人___。




私は、その場で立ち尽くすことしか出来なかった。






























~ ~ ~





ころ
ころ
…早苗姉さん😭(((