無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

836
2021/12/07

第43話

XLIII



一応、檜原はリカバリーガールの所に行かされた。





ヒーロー
狛魏さん、なんもなかった?
あなた
?何言ってるの…?
ヒーロー
ほら、首が…
あなた
あぁ、全然大丈夫だよ。






「ほら、」と言って切れたところを見せる。


傷口は綺麗に塞がってる





ヒーロー
狛魏さんハロウィンとか向いてそうね…
あなた
(はろうぃん…?)
ヒーロー
まぁいいわ。観客席に戻りなさい。
あなた
はーい。






とてとてっと小走りしながら観客席に戻ろうした。


しかし、誰かにガシッと腕を掴まれた





切島鋭児郎
狛魏!!
あなた
あ、切島…
切島鋭児郎
お前…!大丈夫だったか!?
あなた
え、あ、首のこと?
それなら、大丈夫だよ。






すると、切島は安堵の息をついた





切島鋭児郎
いやでも、無事でほんとによかった…!
あなた
心配かけて、ごめん。






こうして話している間に、

百 対 常闇の試合が終わったっぽい。





あなた
切島、誰とだっけ。
切島鋭児郎
鉄哲だ!
あなた
あー"個性"ダダ被りの。
切島鋭児郎
うぐっ…
あなた
まあ、がんばれ。






「おう!」と笑顔で答えた切島に手を振った。



その後、私は、何事もなかったかのように、

観客席にいる出久達の元へ向かった。





あなた
出久、かっちゃんは?
緑谷出久
え、あぁ、かっちゃんは、
この後 試合だから…
あなた
あーそっか。麗日とだっけ。
緑谷出久
って、どわぁぁぁ!!!??
上鳴電気
狛魏!?お前、もう平気なのかよ!






すると周りのみんながぞろぞろと集まってきた





芦戸三奈
あなたちゃぁぁん!!!
葉隠透
無事でよかったぁ〜( 泣 )
あなた
芦戸、葉隠…苦しい。
瀬呂範太
みんな心配してたんだぞ!!
あなた
私は大丈夫。
心配かけてごめん。






謝るとみんなは優しく、
「2回戦進出、おめでとう!」と言ってくれた


心が、暖かくなった。
























─── 柱就任、おめでとう!!














あなた
…柱?
_
?…どうかしたか?
あなた
!?(誰…)






綺麗な赤と黒が混じりあった髪と瞳、額の大きな痣


耳には花札のピアス



それに加えて、服装が…





あなた
…私のコスチュームに、そっくり…
_
こす、…?






ってことは…?





あなた
これも、夢…?
_
何言ってるんだ?これは現実だぞ!
_
むーむー。
あなた
ひゃっ…!?






猫かと思ったら、

竹を咥えた女の子だった。





あなた
(竹咥えた女の子って、なんだ…)
_
むー。
あなた
この子…鬼?






すると女の子は、私の頭を撫でてきた





_
…あなた、大丈夫か?
あなた
え?
_
あなた…泣いてるぞ。






指摘され、頬を触る


指を水滴がつたっていく

































~ ~ ~





ころ
ころ
皆さんお久しぶりですーーー!!!!
勝己
てめぇ、放置しすぎだろ。
ころ
ころ
申し訳ございません🙇🏻‍♀️🙇🏻‍♀️🙇🏻‍♀️🙇🏻‍♀️
ころ
ころ
活動休止していましたが、学校も終わってストレスから開放されたので、活動再開しました!!((
ころ
ころ
これからぼちぼち更新していきますので、これからもこの作品を読んでくれると嬉しいです!