無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

707
2021/12/12

第45話

XLV
常闇踏陰
ダークシャドウ…!
あいよー!!
あなた
血鬼術・日光黄菅ニッコウキスゲ 






黄色と橙色の花が日光を吸収する。


吸収している間は攻撃できない。





ヒーロー
『狛魏、またしても新技か!?』















爆豪勝己 side





上鳴電気
狛魏あいつが防戦とか、めっずらし…!
勝己
…いや、あれは、
瀬呂範太
お?
勝己
あいつなりに、策がある。






よく見ると、あいつの体の周りに、

黄色い花のようなものが浮いている


その花は、何かを吸収しているように見える。





勝己
あのバケモンの弱点は光だろォ?
あの周りの花は、光を吸収してんだよ。
上鳴電気
えっ、花?
耳郎響香
確かに、ある…!






すると、もう上限まで光を吸収したのか、

遂に狛魏は攻撃をし始めた。















狛魏あなた side





ギャァ!!
常闇踏陰
!?どこからその光を…
あなた
見えない?この花。
常闇踏陰
っ___いつの間に、
フミカゲ、諦めナイヨ!!






ダークシャドウは私に突進してくる





捕マエタ!!
あなた
ぅわっ、






そのまま宙に放り投げられた





ヒーロー
『宙に放り投げられた狛魏ィ!!
 こっから巻き返せるか──!!?』


あなた
破壊殺・空式 






空中で拳打を放つ



それによって発生した衝撃波で、
ダークシャドウを襲う





ナンダ!!
あなた
血鬼術…






私はダークシャドウを狙い、

爆血をくらわせようとした。



が、





常闇踏陰
ダークシャドウ!?
ヒーロー
『あーっと!!ダークシャドウが、
 引っ込んじまった!!!』
ヒーロー
『常闇、ピンチか!!?』
あなた
え、ちょ、まじで言って___






言いかけた時にはもう遅かった。





あなた
(…もうこのままやるしかないか。)
常闇踏陰
動け…ない、!
ヒーロー
『狛魏!常闇の上に馬乗りしたァー!』






すると常闇は、ダークシャドウを出そうとした。


私が上にいることで、影ができた。





常闇踏陰
__っ!
あなた
私、そんなに優しくないんだよね。
常闇踏陰
…動いたら___
あなた
即爆血。





腕から血を流し出しながら、そう言った。





常闇踏陰
…参った。
ヒーロー
常闇くん降参!狛魏さんの勝利!!

ヒーロー
『狛魏!常闇を圧倒させ3回戦進出!』
ヒーロー
『これでベスト4が出揃ったぞー!』
あなた
次…かっちゃんと。






その時、観客席にいたかっちゃんと目が合った。


こちらを見ている





爆豪勝己
…ぜってぇ負けねぇ。
あなた
!…






小声で言ったのか、周りのみんなは気づいてないみたいだった。





ヒーロー
狛魏さん、次の試合があるから…
そろそろ戻ってくれない?__って、
あなた
かっちゃん!!






ミッドナイトの言葉を遮り、

かっちゃんを呼んだ。





爆豪勝己
__!
あなた
私も、絶対に負けない。






























~ ~ ~





ころ
ころ
後ちょっとで体育祭も終わっちゃう…