無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

、、、、、、、お願い
菜々川side




いまね、キンプリの楽屋の前にいるんやけど、







?「ねぇうるさい(笑)」
?「紫耀の負け〜」
?「うぇーい\\\└('ω')┘////紫耀の負けやから、なんか奢って」
?「〇◽︎△/#&@#/@mgptjawgdgj」




















なんかキンプリってこんなに居たっけってぐらいの人数の声がすんねんけど



みんなはしゃぎすぎて、何言ってんのかわからんし



まぁええわ



はいるか



ガチャ
『来たでー』
海人「あ〜あなただ〜どーしたの〜?」



いや、髙橋くんどーしたの〜?じゃないよ



『なんで、WESTの3人とエイトのお2人がいるん?』



そうなんです、



WESTの神ちゃん、しげ、力sh(´ρ`*)コホンコホン照史がおってそれに、エイトの大倉くんと横山くんがおんねん





いや、なんで?(意味深)





大事な事だからもう一度言うよ、?



なんd



重岡「よう!」
『うちは、ようやない』
横山「髪の毛切ったな〜」
神山「やっぱり可愛ええなぁ」



紫耀がなんで私がここにいるのかみんなに説明して、ジャニーさんに言ったこと今話し終わったんやけど、、。



一同「、、、、、、、」
『いや、何この沈黙』
だって、さっきまでばりうるさかったんにそれに、キンプリとさっき言った5人もおるんに沈黙やで!?ヤバない!?





大倉「なぁ、最後の関ジュに嫌われるってどういう意味?」








『関ジュの前で偽りを創る』



『でも、これはあけおめコンが終わってから』



『今から皆に、、、、、、、、お願いがある』
『聞いてくれる?』



大倉「わかった、」



平野「ッ!大倉くん!」



重岡「紫耀、、、、、、、あなたが望んどるんやったら、話してくれた代わりにせんと」



平野「、、、、、、、わかりました」



『じゃあ、話すよ。いい?』



一同「(。_。`)コク」









































































『、私菜々川あなたを嫌ってください』