無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

後悔



「だーいすき♡」





「あなた自撮りしよ〜」





「お芝居教えて〜」




「今度あなたの事、雑学で起こしていい?」




「卍仲間ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ」




「漫才考えんの手伝ってや」




「プリン嫌いなん?!
んじゃプリンの良さ教えたる!」
現在


「頼ってってあんだけ言ったんに、。泣
戻ってきて、、、。泣
お願いやから、、泣」

「また、自撮りしよ、、?泣
戻ってきてよ、、。泣
あなたが居らんと流星、流星でおれない で、?泣


「まだ教えてもらいたいことあんで、? 泣
共演しよ、?って言ったやん
待っとるから。泣 戻ってきて泣泣」

「もう一緒に笑えないん、、?泣
また笑いたいよ、。泣
戻ってきてや、、泣」

「あなた、卍は、?
俺一人なんて無理やで、?泣
また笑おうや待っとるから泣泣泣」

「関ジュのみんなあなたのこと大好きやぞ
戻ってこい、、、泣漫才やるで、、。
待っとるから泣」

「まだプリン好きになっとらんやん
だめだめなリーダーでごめんなぁ泣
いつでも戻てきぃやぁ泣」