無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

あけおめレッスン
長尾side





ななの話聞いとったら、涙がやばい←






『、、、、、、、ッ!ノω・、) ウゥ・・・』





あなた「ニコええねんよ我慢せんくて」



あなた「今は2人しかおらんしうちしか見とらん、うちの前では、素直に弱くなってええねんで、?」


ななの声ってめっちゃ安心すんねん







年下で、でも先輩で距離感がわからんくなる時やってあったけどいつもななが戻してくれた



『フゥノω・、) ウゥウゥうわぁぁぁぁぁァ泣』



ダメやな。隠すつもりやったんにななには勝てへん



僕が声を出して泣き出したのを優しく微笑んで抱きしめてくれるななは、僕の永遠の尊敬の人



菜々川side

長尾が声を上げて泣き出してうちは慰めることしか出来ひんから

抱きしめることしか出来ひん

ごめんな、何も出来ん先輩で頼りない先輩で

長尾うちがあんたをまいジャニのレギュラーにしたのはあんたからスター性を解き放ってたからやで、?

自分に自信を持って頑張って、、。

うちは応援させてもらうな

うちがなにわ男子を辞めてもなにわ男子がなにわ男子で居れるように

うちがおるうちになにわ男子を創る。

それが私の役目