無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

傷つけること、気づいてること
菜々川side






ガチャ





はぁ





ちょっと





いや、結構言い過ぎ、た?




















゛あんたらの事なんてメンバーとも仲間とも思ったことないから゛






















そんなことないのに、





みんなの事仲間やって思っ゛てた゛から、





ここまでやってこれた





ごめんなさい、皆





はやく、彩花の言ったことを信じて、





うち達は出会ってはならなかった










そう思っても、










何度言い聞かせても、










皆と居れなくなる






もう皆と笑えないんだ





そういう思いが勝って





気づいたら、屋上に居た







なんでここ来たんやろ






なにきんの皆で不安な事とか頑張る事ここで叫んで気持ち切り替えて






何もかもが怖くなった時は、絶対私が来る場所や






ここに来る理由は、2つ






1つは安心するから、






小学校の頃
ジャニーズだったし、まだ認められてない頃やったって事をあったけど





虐められてた。





それに先生達が気づいてくれて、






でも、先生がいじめっ子達に注意をすると私が先生に言ったことになっちゃう





やから、授業中でも、なにかあったら、屋上はあなたちゃん専用の場所だからって





だから、屋上にいると安心する





もう1つは





ママ達に会えるから





ほら、言ってたでしょ?





パパ達はずっとそらであなたを見守ってるから、いつでもそらを見なさいって





だから、ここ屋上に来ると会える気がして安心する





『ヒックヒック』





なんでなんやろ






自分で望んだことなのに






うちが我慢すれば皆幸せなのに





『ヒックヒック泣。゚(゚⊃Д⊂゚)゚。』





涙が溢れてくる






『ヒックなん、でなん、ヒック』





『ママ、ヒックパッパ』






『うち間違ったヒックこと、して、へんよな、、?』















『ごめんなさい、ヒックママ、パパヒックあなたは、自慢の娘になれるほど有能やないヒック泣』
















ママとパパは、











私の事を自慢の娘だって言ってくれた










でも、それほどうちは強くなくて、










未だに許せない










うちをいじめた奴よりも










ママとパパを殺した人の事を許した瞬間なんてなくて










この殺意は、ここ最近なかった






あ、メンバーのおかげ、?










やだなぁ
てか戻らなi








ピコピコ
大吾
大吾
あなた
あ、返信しようかな、?
でも、既読ついちゃってるわ←
(なまえ)
あなた
なんですか?
え、めっちゃ自分塩じゃんw
プルルルルルプルルルルル




嘘でしょ、?





普通電話する?w





まぁ前までだったら、これが普通やったけど






これで出たら。ダメダm



大吾
大吾
いや、出て?
(なまえ)
あなた
無理
大吾
大吾
なんで?
大吾
大吾
いいから出て
(なまえ)
あなた
無理
大吾
大吾
まぁええわ
大吾
大吾
どうせ何言っても無理しか言わんやろうから
大吾
大吾
レッスン場で待っとるから
(なまえ)
あなた
え、何言っとるん?
大吾
大吾
早く来てなあ〜
(なまえ)
あなた
え。あんたバカ?
大吾
大吾
え。天才
大吾
大吾
いいから、はよ来て!










いや、こやつバカだ









てか、待ってるって










別に戻らんくていいよn





あ、荷物





あいつやっぱ天才?←





とりま行くか










ガチャ、、、、、、、










まじでいるやん










でも、西畑だけ











こういう優しいとこ、救われたなぁ











ってダメダメ










自分は、嫌われんといかんから










『(荷物をとる』









『(出ていこうとする』










西畑「ねぇ、」






『(無視』




西畑「あなた何企んどるん?」





『(振り返る』










西畑「無言やないで何か言って?w」






『ちょっと何言ってるかわかんない←』










西畑「やっぱりィ俺天才←」










『は?』