無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

通院日
菜々川side
今日は、前回言った通りに通院しなきゃ行けない
朝起きて、
ご飯食べて
風雅といつも一緒に行くけど
今日は先行っててって断った
そして、電話する
プルルルプルルル
ガチャ
先生
先生
はいもしもし
(なまえ)
あなた
あ、teacher
先生
先生
なんだ菜々川か
(なまえ)
あなた
なんだとはなんだなんだとは
先生
先生
で?要件は?
先生
先生
今日仕事ないだろ?
(なまえ)
あなた
仕事はないけど
(なまえ)
あなた
ちょっと病院に行きたいから、
先生
先生
休むと、?
(なまえ)
あなた
YES
先生
先生
わかった
先生
先生
感謝しろよ
(なまえ)
あなた
してるしてる(棒)
先生
先生
棒読みはやめなさいw
(なまえ)
あなた
すまんすまん
先生
先生
んじゃあ気をつけろよ
(なまえ)
あなた
はいはーい


ツーツーツー
あ、ちなみにteacherには病気とだけ言ってあります!
さすがにパニック障害なんですとは言わないけどね、w
よし、まずは、さっちとパピーだね
パピーは珍しく今日は仕事がない
だから、今日にしたって言うのもある
よし、リビングに行こ



ちな、いまは、自分の部屋
ここで電話しないとバレるからいつも部屋でやってる
ガチャ

『さっち今日学校休む』
風ママ「ん?なんでや」
風パパ「今日仕事ないんやないの?」
『ずっと黙ってたことがあんねんけど』
風ママ「おん」
『うち、あの事故が原因でパニック障害なんよ』
風ママ「、、」
『それで、2ヶ月に1回は必ず通院するという条件付きでアイドルやってんねん 』
『それで今日病院行こう思って』
風パパ「風雅は?」
『関ジュのみんなは知らんよ』
『絶対心配するから』
風ママ「そう、病院行ってきなさい」




『さっち、、ありがとう😊』





ガチャ
今リビングのドアの所におんねんけど
さっち泣いとる
びっくりさせちゃったなぁ
さっち
ごめんなさい
LINE
(なまえ)
あなた
お姉ちゃんにも伝えといて欲しい
(なまえ)
あなた
でも、風雅には伝えないで
(なまえ)
あなた
大切やから








わがまま言ってごめん