無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

振付師
髙橋(海)side
今日は、ななちが来てるから頑張りたいけど
足首の所ちょっと痛めてて本当は休みたい
でも、デビューしたからありがたいことに仕事も貰って
安静にしたら治るけど、安静する時間が無いんだよね、、、。
皆にも迷惑かけれないし、、。
ななちにバレない為に明るく接したけどバレるかも、、。
いや大丈夫、大丈夫だよね!





菜々川side
海人絶対足やってる←バレてる
海人迷惑かけれないとか思ってるんだと思うから、ちょっとだけ踊らせてあげよ



あなた「じゃあ1回踊ってみて!」




〜🎼.•*¨*•.•*¨*•.¸¸🎶〜






うん確信した海人足やってる←2回目





あなた「お疲れ」
あなた「紫耀Aメロのここの部分もっとハッキリ踊ってみてもいいかもその方が紫耀らしいし」
平野「確かに」
あなた「永瀬さんは、、、振り忘れないこと、w」
永瀬「やっぱりバレてたかあーw」
あなた「いやバレるでしょwww」
あなた「ジンと岸くんは、ここの部分かな、?ちょっとふにゃってなっちゃってたなんて言うかシンが通ってない永瀬みたいな分かるかな?」
神宮寺「廉の例えでわかったwww」
永瀬「なにそれ笑」
あなた「岸くん分かってる、?」
岸「分かってるわかってるなんかさっせ」
あなた「www」
あなた「wっで次玄くんは、全体的にいいんだけどもっと歌詞にひたってアイドルすればファンが喜ぶ(  '-' )」
岩橋「なるほど」
あなた「海人は、完璧に近いもっと自分なりの踊り方でいいと思うよ!」
海人side




『 OK!』






良かったバレてない(*-`ω´-)9 ヨッシャァ!!
あなた「、、、、、、、、、、、、、、、、、、、と言うとでも思った?」








っえ?







あなた「座って?」
『わかった 』
僕が地面に座ったらあなたが救急箱持ってきて無言で足を手当してきた
キンプリ-髙橋、平野「???」









皆は足のことわかってないみたいだから頭の上にハテナがある紫耀以外は
あなた「よし終わった」
あなた「今日は自主練ね、?」
『 なんで?』
あなた「海人が1番わかってるでしょ、?」
あなた「足怪我してんなら踊っちゃダメ🙅」
『 嫌だ踊る』
あなた「明日もあるんだから今日は休んで」
『 無理デビューしたからやりきるの』
あなた「海人それは違うから今日はもう休んで」
『でm 』
平野「海人今日は、強制だ」
紫耀がいつもは出さない低い声で言うからビビる
あの馬鹿でアホな岸くんでも、この状況は悟ったみたい
あなた「今日もうレッスンめんどい」
『 え、?』
一旦切ります!