無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

あけおめ
西畑side





『あなた、ちょっといい?』





菜々川「ん?え?私?」





『おんw』





菜々川「ごめんごめん、急やからびびったw」





『ええよw慣れとるから』





今は、こーちゃん達のスピーチ(?)いや、挨拶をしとる感じ





今始まったばっかやから、時間はある





あなたに、今聞かないとなんか後悔する気がして、ここ最近怖くて怖くて





でも、どうすればええかわからんくて、





実際あなたが何か隠しているのが事実かもわからんし





だから、聞いてみようと思って





ほんまは泣きたいのに泣かない





あんまり聞かんかったから、凄く詳しく知っとる訳ちゃうけど





あなたが口癖のように言ってた「ママ達との約束」というやつなんやと思うけど





舞台裏の1番舞台から離れたところに行った





菜々川「大丈夫なん?」





『何が?』





菜々川「流星のとこ行かんくて」





『大丈夫やで、あなたの思っとる以上にあの子成長しとるから、』





また、人の事、、、、、、、でも、自分の事気にしなよなんて無責任な言葉は、言えない





『流星は、今は1人にすべき、流星が俺の立場になった時流星が流星で居られるためには、今離れとかんとあかんからさ、』





菜々川「ほんまは、近くに行って抱きしめたいとか思っとる癖にw」





あなたは、少し離れた所にいる流星を悲しい目で見ていた





『まぁそやけど、w』





菜々川「ほんまに流星好きやなw」





『当たり前あんなに可愛くてむちむちしとる子あんまおらへんで、?』





菜々川「はいはい、惚れけ話はいいですよ〜w」





菜々川「なんか聞きたくて、うちを呼んだんちゃうん?」





あ、あなたと一緒におると居心地よすぎて忘れとった。





『そやで、?』





菜々川「どうしたん?何が聞きたい?」





『俺が聞きたいことは、単純やで?』





菜々川「?」





『あなた、今なんか隠しとるやろ、?』





2人で壁に寄りかかりながら話してて、顔を見れない状態でもわかるあなたがちょっと焦ってた





一緒に居すぎて、相手が何考えとるか普段は分かるけど今回はわかんない





だから、その思いと決着をつけたい





『何隠してるん?話してくれへんとこっちが困んねんけど』




菜々川「、、、、、、、もし、今西畑に隠し事をしてるとして隠す理由は何?」





『わからん、やから聞いとる。普段なら、何となくわかるけどこればっかりはわからんねん』





やっぱりなんか隠しとるんかな?





菜々川「、、、、、、、わからんなら、聞かんといて」





『なんで?』





『西畑は、あなたの事が心配やねんで?』





菜々川「、、、、、、、じゃあヒントだけこれ聞いたら、1回頭リセットしてよ。一応ライブ中だから」





西畑「わかった。聞いたらアイドル西畑に戻る」





菜々川「、、、、、、、このライブが終わればうちはもううちじゃない、、、、、、、今の状態であなたから言えるんはこれだけ、、、、、、、安心して、?うち皆のこと大好きやから、」





菜々川「よし、行くよ。アイドル西畑、アイドル菜々川でしょ?」





西畑「、、、、、、、」





菜々川「、、、、、、、ほら、!笑って、?西畑は笑顔が1番やからニコ」





西畑「、、、、、、、おん、わかったいくよ!」





菜々川「えぇぇ〜ちょっと待ってよー!」





あなたが何言ってんのかよくわかんないけど、





いまは、ライブ中やからアイドルでおらんとあかんからさ、





ライブ終わったら、また考えればええか!