無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

、、、、、、、お願い
菜々川side



『、、、、、、、私がもしジャニーズを辞めた時皆が私の事を今のように大事にしてくれてるのなら、彼らが悲しむそして、それを見て私も悲しむ』



『でも、彼らが私の事を嫌いやったら、彼らは悲しまない。。。私はそれだけで充分幸せだよ、?』



かずちゃんは、「0%に近いけど、」みたいなこと言っとったけどほんまは違う



うちの病気は治らへんねん



もちろんみんなにも治るって言ったジャニーさんみたいに余命のことまでは言ってへんし言ったら皆戸惑う



あ、ちなみに私の病気は、
゛イクス・ピノチ・マヨラワ゛(作者が考えた架空の病気です)



この病気にかかった人が治ったことはない



病気のまま息の仕方が分からなくなったりして、命を落とす



だから、治らへん



紫耀と大倉くんは、うちの心を読んでるかのように、賛成してくれた





廉、、お願い



関ジュのことが好きなんよ



大好きなんよ



なから、うちが死んだ時に誰も悲しませたくない



皆が悲しむんやったら嫌われた方がマシやから、










重岡「、、、、、、、あなたなんで、?治るんやろ?やったr」



桐山「しげ((・・。)(。・・))フルフル今はダメや」



照史くんはもう深く聞かない方がいいって思ってるみたい



『ごめん、、、、、、、今だけ力を貸してください┏●』



『お願いします』



皆、、、、、、、ごめんなさいいまだけでええから力貸して



最終的には皆の事も騙すことになる



一同-大倉、平野「、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、わかった」



『(顔を上げて)❁**(⸝⸝⸝ˊᗜ​ˋ⸝⸝⸝)❁**ありがとうございます!』



ありがとう



いまだけ頼らせていただきます。





あの後、、、、、、、




皆にはあけおめ魂が終わったら、うちの事無視したりして!とかでも、テレビの前では普通にやで、?とか色々言った皆、、、、、、、寂しい目をしながら話を聞いてくれた




ありがとう













でも、、、、、、、、まずはあけおめ魂を終わらせてから