無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

内心
西畑side





さっきあなたに聞かれなくてよかった










なんの事って?










紫耀からのLINEのこと







流星「大橋くん大ちゃんが壊れた〜」
『 壊れてへんわ笑』
そうです←どうです?By流星













今りゅちぇ団のあなた以外の4人でご飯に来てます





大橋「大ちゃん珍しく飲んでへんやん」
正門「ほんまや」
『あんたもやろ』
流星「なんかあったん?」
『ちょっとね、、。』
大橋「ええで俺らが聞いたる」








大橋さんこういう時だけ先輩出すんよな〜←こういう時だけってなんやだけってBy大橋
『んじゃ話すな』
『今日のレッスンで紫耀からLINEがあったって言ったやん、?』
流星「おん」
正門「結局内容なんだったん?」
『その内容は、ざっくり言うとあなたに関すること』
大橋「そうなんや、。」
『おん。それで紫耀から来たLINEなんやけどそれはこれ(ケータイの画面を見せる』
見せた画面↓
しょう
しょう
大吾ー
大吾
大吾
どーしたん?
しょう
しょう
あなたの事しっかり見といて
大吾
大吾
ん?どーゆー事?
しょう
しょう
なにわ男子出来たんでしょ?
大吾
大吾
おんそうやで?
しょう
しょう
あなたの事しっかり見といて
しょう
しょう
俺は俺なりに支えるつもりだから頼んだよ
大吾
大吾
え!いやどーゆーことよ
しょう
しょう
長年の勘になるけどあなたどんどん弱くなってる
しょう
しょう
んじゃあなたの事よろしくな!
大吾
大吾
え!!紫耀ちょっと待って









流星「あなたの事頼んだよってどういうこと?」
『わかんないでも、わかんないなら観察してみる価値はあると思っとる』
大橋「じゃあ!俺達も協力する」
『いやええよ、西畑だけでやる 』
正門「いやいや、俺たちがやりたいんよ」
流星「人数多いい方が情報も多いと思うし!」
『じゃあ頼むで?』
大橋「おん!任せや!」
正門「じゃあ具体的にどーするん?」
一同「、、、、、、、、、、」
『多分紫耀の言ってることはあなたがまた溜め込んでるって言うことやと思うねん』
流星「じゃああなたに聞いてみたりする?」
大橋「そやね!他にもいろいろやってみよ!」













あなたは愛されてるんやな〜って感じるわ







あなたの為に頑張るから













待っといてなあなた←なにこれなんかの番組?By流星