無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

お話
菜々川side



あらあら、



なんで予想当たっちゃうんかな、?



2人が関ジュじゃなくなるんはもちのこと寂しいし、悲しい。



でも、2人が決めた道やし応援するっていう選択肢しかない



2人が今認めてくださいって言ってきたんやけど



皆、それどころじゃないほど泣いとる



冷静で居れてるんはうち、大倉くん、横山くん、るたこじ。。。いや、るたこじもやばくなってる



はぁぁぁこのままやとずっと2人が頭下げとることになんねんけど、皆壊れたかのように泣いとる





『、、、、、、、、、、、、、、ええんちゃう、?』



『ほら皆泣き止んで!!』



『ほらたくも泣き止んでや』



西村「やヒックってヒック泣」



『泣き止んでや、wこの楽屋がカオスになんねんけど( ˙-˙ )』



西畑「、、、、、、、そうやなニコ泣」





あぁ〜大ちゃんに無理させちゃった





また無理して笑ってる





大西(流)「うヒックん、2人ともヒック頑張ってねヒックニコ泣」





2人とも辛いよね、、、、、、、、、、、、、、。、




だって、焼け野原を一緒に乗り越えた、、、、、、、いやまだ乗り越えではないけど。。一緒に頑張って来たから辛いよね、、、、、、、、、、、、、、。





ごめん、、、、、、、。私も皆を苦しめる。。。





ごめんね、、、、、、、だから、私を嫌ってな、?





それがみんなのためになる





5〜7分後、、、、、、、



皆が泣き止んで会議組と、その他で別れて今会議中



My Dreamとかの照明確認とかしたんやけど、、、、、、、、、、、、、、、



今、レッスン室を出た廊下でインタビューを受け取ります



歩きながら、ライブの構成とか確認しながら



あ、ちなみにROTの撮影です、w←何笑っとんねんBy大吾←やって言うの忘れててんもんBy菜々川