無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

バカ
菜々川side



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



え、、、、、、、、こーちゃん、?



目の前には頭から血が流れてるこーちゃん



無心に歩いてた私は車道に車がいっぱい走るなか突っ込んだみたいそれをこーちゃんが庇った



『こーちゃんッ!こーちゃんッ!』



向井「、、、、、、、、、、、、、、。」



『こーちゃんッ泣こーちゃんッ泣』



あれ、?この光景どっかで、、







































あっそうだ



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



『ママッ!パパッ!』



母「、、、、、、、」



父「、、、、、、、、、、、、、、」



『ママッ!ヒックヒック泣パパッ!泣泣泣ヒックヒック』



『ママッやだッパパッ起きてッヒック泣』



ママ「ごめんね、、、、、、、あなたばいばい、」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



ここは、?広い草原





『ハァハァハァッ!』





あれ、?あそこに誰かいる





え、?ママとパパだ





『ママ!パパ!』



なんかわかんないけど走んなきゃ

ママ+パパ「、、、、、、、ニコ」





『ママ!パパ会いたかったよ!もうちょっとでそっちに行くから待っといてな!』
ママ「、、、、、、、ダメあなた諦めちゃダメなの」



『ママもう疲れたよ。。。みんな居なくなっちゃう自分を傷つけて、、、、、、、そういう方法でしかみんなを守れない』



パパ「安心しなさい。それでもあなたは、僕たちにとって大切な娘だよニコ」



『、、、、、、、また、会える、?』



ママ「、、、、、、、会える」



パパ「怖くなったら、宙(そら)をみなさい私達がいるから」



ママ+パパ「頑張ってねあなた、、、、、、、」



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



『ママッパパッ!』



『ッハァハァ夢か、、、、、、、』





、、、、、、、、、、、、、、





、、、、、、、よしママたちのためにも頑張らなきゃ





今私に出来ることは、





あけおめを最高のライブにすること





だって










あけおめが







































自分が自分でいられる最後のライブだから









































ママ、、、、、、、パパ見守って、








































そして、最後の私に力を貸して







































最後の私を照らしてな、?