無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

菜々川 in トーキョー
菜々川side
菜々川 in Tokyo




なんちゃって笑



なんちゃってでもなく本当なんだけどね、



今から急に、事務所に行くのはつまんないんで



あそこに行くでー



どこだと思う?

ブブー



時間切れー
正解は〜



ガチャ









『とーま〜』



金内「あ、あなたじゃん」



『何よあなたじゃんって素っ気ないなぁせっかく来てやったのに、チャンネル登録してあげたのに』



金内「それはありがと!」



金内「はいここに座って〜」
『はーい』
金内「どうします今日は?」
『ん〜、切っちゃおうかな、?』
金内「めっちゃ伸びたもんな」
 『おん、、、、、、、、ショートにする!』
金内「え!?」



なんでこんなに金内さんが驚いてるかと言いますと、



私は、絶対ショートにしないって頑固に言い続けできたからw
『人生に一回はしてみたいもん』
金内「そう、、、、、、、、じゃあ切ってくよ、?」
『うんおねがーい』
金内「なんかあった、?」
『え、?』
金内「何年一緒にいたと思ってんのなんか決断とかしない限りこういう冒険しない人じゃん」
『そーだねー、、、、、、、』
金内「俺でよければいつでも聞くよ?」
『じゃあ今度電話しよっかな』
金内「うん、待ってる」





そんでもって、時は経ち













↑こんな感じ↑





なんということでしょう!←






腰より下まであった髪の毛がミディアムになりました






『ありがと!』
『さすが!意外といい感じ( ˙꒳​˙  )👍✨』
金内「まぁプロなんで」
金内「今日は奢るよ!」
『え!?いいの!?』
金内「なにわ男子頑張って記念だよ!特別に」
『ありがとう!とーまやっぱり好き』
金内「俺も好きだよ♡」
『やっぱ無理、w』
金内「久しぶりでコントはきついw」
『そうやねw』
『じゃあ、おじゃましましたー』
『店長さんにもよろしく言っといてな!』
金内「はいはい」
金内「じゃあね!」









ガチャ