無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

お話

菜々川side





長尾が泣いた日から随分経って



今日は、あけおめの会議



どこでどういう風に登場するか大体は決めてたけど、詳しく後輩たちに説明するためにも決めてなかったところを今日決める



あれから、紫耀達からの連絡は絶えず絶えずで心配させてるんやなって改めて思っちゃう



コンサートまであんまり時間はなくて、



今から始まる会議が終わったら、そのままレッスン



だから、会議組の私、西畑、大橋、藤原、末澤、リチャード、正門、向井、室、大倉くん、横山くんが会議をしとる間は、皆に自主練をしてもらうんやって








あれ





どうしたん?、、、、、、、





『、、、、、、、ジーコ、龍太くんどうしたん?』





今、みんなが思ったことやと思う





急にレッスン室の真ん中に立って「皆ちょっといい?」って言ったからみんな驚いてる





あ、もっと詳しくゆーとな2人が涙ながらにウチ達に声をかけたから皆、驚いとる





でも、、、、、、、、、驚いとるんは、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、るたこじと、大倉くん、横山くん以外



嫌な予感がする





















この時のうちはまだわかってなかった
































その時の予感が当たることになるなんて、、、、