無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

お泊まり
菜々川side







『ッん』
おはます←おはようございますの略
まぶたが重くて目開けてない←いや開けろBy紫耀
目開けたらうち、紫耀の腕の中にいるやん
平野のお顔が目の前にありまする
ほんと
この人
ずるいよね
こんな綺麗な顔やったら
そりゃファンもふえるわ
昨日何してこうなったんだっけ?
まぁいいや←
それにしても、、、、、、、、、、









『綺麗な顔(ボソッ』
平野「人の顔ガン見しちゃダメ」









『うわぁぁぁ( 』
平野「うるさ」
『うちがビビる事するからやで』
『てか、いつから起きてたん?』
平野「あなたが起きる前から起きてたよ♡」
平野「あなたの寝顔可愛くてついつい見とれてた」
『やば』
『めっっっっっっっっっっっっっっさブサイクやったやろ?』
平野「ううん、全然逆に可愛すぎた」










読者様ちなみにまだわたくし菜々川あなた平野の腕の中でございます














それで可愛かったってファンが悲しむ
『うちみたいなブスに可愛いなんて言ったらファンが悲しむぞー(棒読み)』
平野「もう鈍感だなぁ」
『鈍感じゃないで? 』
平野「そういう所のことを鈍感って言うんだよ?」
『うん?何言ってるんさ。』
『てか、大阪行かなきゃいかんから準備せんと』
平野「じゃあ、朝ごはん作るな」
『おん!よろしく』
一旦切ります!