プリ小説

第79話

 🐀🏰
あなた

グク…まだかなっ…




そんなことを言って、もう10分も経った。












あなた

どこ行っちゃったの…グクぅ…







今にも泣き出しそうなくらい心配。








グクの身になにか起こってたら…!!







と、このシンデレラ城の前から










駆け出そうとすると………



























グク
グク
あなたッ!!!











グクの声が私の背中の方から聞こえた。











そのグクの声を聞いて安心したのか、












自然と涙が溢れ出てきた。











私は、こんな姿見せちゃいけない!!と











急いでその涙を拭いた。








そして、笑顔でグクの方に振り向く。



あなた

グク……!!





感情が込み上げてきて、また涙が出そうになる。







でも、我慢しなきゃね。









すると、グクが口を開く。



グク
グク
あなた……伝えたいことがあるんだ。
あなた

な…に……

グク
グク
そ、そんな心配しなくていいから!!ね?
安心して聞いて。
あなた

わかった。







私たちの回りには、お客さんが集まっていた









みんな帰る時間ということもあり、








なにやらシンデレラ城の前が、にぎわっている。

















































グク
グク
あなた………

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰おちぇんペン🌈
🐰おちぇんペン🌈
「夢見たことが突然に。」もうすぐ完結です! 「あの日見た虹」連載中です! ♡やコメントありがとうございます✨ これからも応援よろしくお願いします🙌