無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第97話

うん、とりあえずおんにたち強し。





あれからサセンは逮捕されて、





もうその出来事が国中の





ビックニュースになっちゃった笑





それにビビったのか、サセンはいなくなった。





怖い思いしたけど、良かったって感じ?ㅎㅎ





そしてみんなで家に帰り、ゆっくりして





しばらくすると仕事から帰ってきたBTSのまんねくんが





"ただいま!あなたーーーーーー!!!"





とか言ってぶっ飛んでくるわけで…。





心配されるのは嬉しいけど





あまりにも心配されててビビるよね。←





お、抱きついてきましたよ。く、苦しい…←





事情を知らなかったおっぱたちは





グクの行動に驚いてる様子。





とか言いつつ、ちょっとしたらみんなぷいっ、って





あちこちに行っちゃったよ←





まあそれはいいとして、





おーっと、グクくん大号泣なう。





私は必死に慰める。普通逆だよね((殴





グクは泣きながら





"良かった" "あなたっ" "愛してる"





とか、繰り返し言ってくる。





可愛いやつめッ♡←











あなた

ごめんね

グク
グク
え?






そりゃ、そうなるよね。





あなた

心配かけてごめん

グク
グク
なんだよぉ!あなたがいるならそれでいいんだよぉ!
あなた

そっか、ㅎㅎ









そんなグクの優しいとこが好き。
























あなた

ありがとう、グク。














ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





どーもー!作者です〜!




いつも見てくれてありがとうございます(泣)








ここで!皆さんにお願いしたいことがあります!





それは、私おちぇんペンの





"ファンネーム"を決めて欲しいです!





コメントで受け付けます!




たくさんのコメントお待ちしてます♡




それじゃ、あんにょん!









あ、そうだ。あの後グクとあなたちゃんが甘い夜を過ごしたことは、みんなに内緒ね?




あんにょん!