無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
8
2021/09/01

第9話

プロローグ4.5√2
彼女は人間へと進化した。
ロボットと言う、何もかもを命令で動く存在から、
人間と言う、切実な問いを追求し、その為の努力をAIの様にアクチュエートする幸せのコンピューター。
だが、人間になったから何だ?
人間になると偉いのか?
人間になると凄いのか?
人間になると強いのか?
人間になると、
私の望みは叶うのか?
哲学は言った。
人間は「自由意志に基づいた自律的活動」「普遍的な法則や真理を発見できる思考能力」に加え、「内発的哲学能力」を持つ者と言う。
益々人間ではどうにも出来ない。
私には、今この状況に対して憎む事しか出来る行動がない。
医学的に人間として作られ、哲学的にはAIな人間さえも存在する奴らを、
哲学的に人間として作られ、医学部にはその内部構造は人間とは程遠い私が。
、、、人間とはとてもややこしいのかもしれない。




















それが、医学的AI、哲学的人間Azaleaの言葉だった。






















月日は流れ、世界は今も平和だ。
点々と見ると残酷だが、世界は今も平和だ。
どうやらAzaleaは、この世では必要無い存在だったらしい。
人間を憎んだAzaleaは死んだ。
その事を知っているのは、ゲーム会社、国などと言った秘密機関くらいだろう。
私は正しいと思う。
此処で言う方が、返ってAIやVRなどと言った電子機器で争いが起こるかもしれないからだ。
それにもし、その事象が報道される記事にはきっとこう書かれるだろう。
「アナザー・ワールド・ファンタジア、AIの修正等のメンテナンス無事終了」と、。
、、Azaleaは、多分いつまでもAIのままで認識される。
人間にとって、そっちの方が都合が良いからである。
エンドルート1
変わらぬ世界、変わらぬ理不尽
エンド名、happy end
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みぃ(作者)
みぃ(作者)
此処まで読んで頂き、ありがとうございました!!
みぃ(作者)
みぃ(作者)
さて、√とかいきなり書いて出しましたが、
みぃ(作者)
みぃ(作者)
このアナザーワールドファンタジアって、こう言うストーリーなんです。
今回はプロローグ完結後に別√のストーリーを書きましたが、これからは選択。予め出しておいて、そこから複数のストーリーを書いていく様にします。(なんかキャラ挿入されんかった。)
みぃ(作者)
みぃ(作者)
例えば、
√選択
1.○○
2.××
3.☆☆
みぃ(作者)
みぃ(作者)
と言う風に√選択の時は出しますので。
みぃ(作者)
みぃ(作者)
こうなった場合は、次回は1の√を進め、1が終わったら2と進めて行きます。
みぃ(作者)
みぃ(作者)
その為に、アナザー・ワールド、ファンタジアをプロローグ、1章、2章を小説単位で分けて書く様にします。
みぃ(作者)
みぃ(作者)
様はこう言う事。
大変面倒だとは重々承知の上でどうかよろしくお願いします!!(また)
みぃ(作者)
みぃ(作者)
それでは!!スクロールお疲れ様でした!!!
まだチャプターが存在してないので、リンクからジャンプをしてもお探しのモノは見つかりませんみたいな事が言われると思います!!大変もうし訳ございません。