無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

862
2018/11/09

第3話

_2.

「いってきまーす!」



(( 今日は…3限まであって、そのあとに雑誌撮影か。))



駆け出しにしては 、 お仕事に恵まれている日々。


今貰えている仕事を、数々はこなしていかないといけない。



この世界に、(出来ない)

なんて言葉はないんだから。




太輔くんも 頑張ってるんだから、

私だって頑張らなきゃ。





*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――



(( 幼い頃 … ))



「太輔くんは大きくなったら何になるの?」




太「俺はこのままキスマイで、もっと有名になるよ。みんなのアイドルだからね。」




「そうなんだぁ…じゃああなたは大きくなったら お芝居の人になる!」




太「それはすごいな。女優さんだな。」




「そう、じょゆーさん!」



太「じゃあ大きくなったら、一緒に活躍しようか。
お芝居も一緒にしよう。
だから、今は いろいろ頑張ろう。」




「うん!する!!!あなたも有名になる!」




*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――




そう、約束したんだから……



こんな所で止まってられない。


頑張らなきゃ。