第2話

49
2020/04/28 07:31



ある日、隣町から1人の女の子がやって来ました。



その子は元気で明るい子で



すぐに町のみんなと仲良くなりました。

果物屋のおじちゃん
おお!あなたちゃん、
このスイカを持っていきな
いいのが採れたんだよー
you
you
え、いいんですか?!
ありがとうございますー!
you
you
余ったら、カブトムシにあげるね!


あなたは、孤児院でカブトムシの世話係をしています。
人1
なあ、聞いたか?
あなたが居た町、火の雨が降ったらしいぜ
人2
まじか、それは災難だったな…






火の雨、それはその名の通り


空が黒い雲におおわれて火が空から降ってくる


というものです。




あなたは、町の人に時計台があると聞いて


そこへ向かいました。
you
you
わあ、立派な時計台…
ジミン
ジミン
ねえ、君そこで何してるの?
you
you
凄いですねこの時計台!
ジミン
ジミン
え、うん、まあ…
you
you
私はあなた!
you
you
あなたの名前聞いてもいい?
ジミン
ジミン
俺はジミン
you
you
あなた、ここに住んでるの?
ジミン
ジミン
まあ、そうだけど
you
you
入ってもいい?
ジミン
ジミン
いいけど、古いから…
you
you
やった!


と言って、時計台の中へ走っていきました。