無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

後日談貴方サイド  作者から
貴方
貴方
んんー……
あたしは今ショッピングに出かけていた。
というより下着屋に出かけていた。
貴方
貴方
左馬刻さんの好みってなんだろう…
ひたすら悩むあなたちゃんです。






銃兎さんからは
銃兎
銃兎
んー…そうですねえ…
ギラギラした感じはあまり好みではないそうですけど…
前に飲みに行った時に、聞いたのは…
似合っていればなんでもあいつは可愛いとは言ってましたからね…
貴方
貴方
わかりにくいわー…
いやでもちゃんと着たほうがね…





左馬刻さんも嬉しいからねえ…
貴方
貴方
セクシーにするか…
パステルで可愛くするか…

んー……どっちも買っちゃうか!!










貴方
貴方
こんな時、悩んで買うのはじめてだったな…
二つ袋を持って家に帰ろうとしていた
左馬刻
左馬刻
おー、あなたじゃねえか。
貴方
貴方
あれ、左馬刻さん。
どうしたんですか??
左馬刻さんが近くにいた。






あれ、仕事どうしたのかな…
左馬刻
左馬刻
横浜から仕事終わったところだぜ。
一緒に帰るか?
貴方
貴方
そうします!!
左馬刻
左馬刻
つかお前が持ってるそのブランド…
下着でも買ったのか?(ニヤ
貴方
貴方
な、なんで知ってるんですか!?///
左馬刻
左馬刻
なんとなく袋でわかんだろ。
どんなの買ったんだ?
貴方
貴方
み、みないでください!!
左馬刻
左馬刻
あぁ??どうせ見るからいいだろうが。
貴方
貴方
そういうことじゃありません!
左馬刻
左馬刻
ついでに今日は何色きてんだ?
そういってあたしの服の中を見る左馬刻さん、
貴方
貴方
やめてください!!
この変態!!///
左馬刻
左馬刻
あー…今着てるの俺の好みだわ。
まあ、何着てもかわいいけどよ。
そんなことを普通にいう左馬刻さん。



まあ、あたしが新しい下着着るのも遠くないですよ…
---------------------------
はい、あいらんちゅです。
今回は見ていただいた方ありがとうございました!!
もう変な感じになってしまってごめんなさい。
寝ぼけながらも更新しなきゃと思い、変な文になってしまいますがおゆるしください。
リクエスト募集してますので是非是非ここでもコメントよろしくお願いします!!
ほんとにいろんな人が見ていただけるのはうれしくてしかたがないです!!
iPadでいつも更新しているので、やろうと思えば夜にいつも更新しますね。
R 18ほんとにはじめての作品で何もできないけどそれでも暖かく見ていただけたらと思います!!
次は通常作品に戻ります!!
またここの作品も全然やりますのでよろしくお願いします!!