無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

色んな左馬刻さんの後日談
左馬刻サイド
貴方
貴方
やだぁ…!!♡
ごめんなさい…!!♡♡
パンッパンッパンッ!!!
左馬刻
左馬刻
あぁ…可愛いなぁあなた。
そんな可愛いあなたちゃんが…なんであのクソ野郎のところに行くんだ、あぁ?
貴方
貴方
ご、ごめんなさい…!!♡♡
頼まれた…からぁ!!♡
左馬刻
左馬刻
俺様の許可無しによぉ…そんなことしていいのか…??
貴方
貴方
んんんっ!!♡♡
これからはぁ…やぁっ…ちゃんと…言うからぁ!!♡♡
あー、可愛い。




目隠しして俺様の前で喘いでるあなたが愛しくてたまらない。





あ、ついでに言うが、





この声全部






一郎に電話で繋がってるからよ。





あなたはこのこと知らない。
あなたが目隠しを取ってって言われた後に電話を切って




そこからは俺らの時間。





次の日に





スマホで




『俺様の女に手ェ出すんじゃねえぞ』




って一郎に送ってやった。





あいつ、どんな反応してんかな…




貴方
貴方
左馬刻さん、一郎に謝られたんですけど、
喧嘩したんですか??
左馬刻
左馬刻
あ??
してねえよ笑
ま、このこと言ったらまた怒るからよ。




やめとくわ。