無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

20-2
左馬刻
左馬刻
…お前、デカすぎだろ。
着痩せするタイプか?
貴方
貴方
や、やだぁ…見ないでぇ…///
そういってあなたは胸を手で隠す。
左馬刻
左馬刻
隠すのもエロすぎ…
おい、隠すな。
見えねえし、触らねえから。
左馬刻はあなたの腕をどかした。



そしてあなたの胸を触り始めた。
貴方
貴方
ひゃっ‼︎‼︎///
んんっ…///
左馬刻
左馬刻
やわらけえなぁ…
誰かに触らせたのか??
こんなに大きい胸してよぉ…
貴方
貴方
だ、誰も触られてない…///
ひゃぁっ…///
左馬刻
左馬刻
じゃあなんで胸こんなに大きんだぁ…?
ほら、乳首もこんなにたってるぜ…?
あなたちゃんよぉ…
左馬刻はあなたの乳首を触る。
貴方
貴方
ひゃぁぁぁぁっ///
だめぇぇ‼︎‼︎///
んんんっ!!!///
左馬刻
左馬刻
だめな割には…
随分たってるがな…
今度は胸を舐め始める。
チュル…チュル…
貴方
貴方
やぁっ…///
あぁぁ…///
らめぇ…///
ひゃぁっ‼︎‼︎///
今度は乳首を口に含み始めた。





チュパ…チュパ…
左馬刻
左馬刻
んっ……
ヤベェ…癖になりそう……
んんっ……
貴方
貴方
さ、さまときぃ…‼︎‼︎
なんか…なんかくる…///
あっ…あぁぁ‼︎‼︎///
ビクビクッ‼︎



ビクビク!





そういってあなたの体がビクビクする。
左馬刻
左馬刻
…ん、お前…イったのか?
貴方
貴方
…へ??
よくわかんない…///
なんか…ビクビクした…///
左馬刻
左馬刻
胸だけでイったのかよ…お前…可愛いなぁ…
チュッ





そういって左馬刻はあなたの頬にキスを落とした。
左馬刻
左馬刻
あなた…嫌だったら言えよ…?
いつでも止めるからな…
怖くないか…?
貴方
貴方
怖くないよ…左馬刻がいるから…///
チュッ





そういってあなたは左馬刻にキスをした。
左馬刻
左馬刻
っ…///
下も触るが…いいか?///
貴方
貴方
…うん…///
でも…左馬刻も…脱いでほしい…///
左馬刻
左馬刻
…じゃああなたが脱がせろ。
貴方
貴方
へ!?///
左馬刻
左馬刻
ほら…
そう言われ、あなたは左馬刻のボタンを取り始める。
貴方
貴方
ひゃっ‼︎‼︎///
左馬刻はあなたの胸を触り始めた。
左馬刻
左馬刻
何回触っても飽きねえなぁ…お前の胸は。
これからもっと俺が揉んで成長させてやる。
貴方
貴方
んんん…///
左馬刻…手…どかして…?///
ボタン取れない…///
左馬刻
左馬刻
やだ。
頑張って俺のシャツのボタンとれよな(ニヤ
貴方
貴方
んんん…///
ようやくシャツのボタンが取れ、上半身裸になった左馬刻。




筋肉がついていて、男の人の身体があらわになった。
貴方
貴方
……左馬刻…なんか…下が変な感じ…///
左馬刻
左馬刻
あァ??
我慢できねぇのか(ニヤ
そういって下着越しで秘部を触る。





クチュ…
貴方
貴方
ひゃぁっ‼︎‼︎///
左馬刻
左馬刻
下着が濡れてんなぁ……
よっぽど感じてたんじゃねえのか?
あなたちゃん??
クチュ…クチュ…
左馬刻
左馬刻
下着越しでも音が聞こえるなんざ…もう使い物にならねえなぁ…?
左馬刻は下着を脱がした。
左馬刻
左馬刻
…足開けよ。
貴方
貴方
や、やだ恥ずかしい…///
左馬刻
左馬刻
大丈夫、お前は充分に綺麗だ。
そして足を開くと、




濡れている秘部があらわになった。



左馬刻
左馬刻
ハッ…。
すげえ濡れてる…
なぁ…あなた…すげぇ感じてるんだなぁ…
そういって左馬刻は秘部を指で表面を優しく触り始めた。
貴方
貴方
やぁっ…////
あぁっ…///
左馬刻
左馬刻
ヤベェな…
すげぇトロトロに溢れてくるぜ…
指入れるぞ…
グチュ…グチュ…
左馬刻はあなたの秘部に指を一本入れた。
貴方
貴方
あぁぁっ‼︎‼︎///
左馬刻
左馬刻
…怖くないか…??
貴方
貴方
ううん、大丈夫…///