無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

139-3
左馬刻サイド
正常位であなたをたくさん犯す。




可愛い声出しやがって……
貴方
貴方
ひゃっ…♡あぁっ…♡♡
しゃまぁ…♡♡すきぃ♡
左馬刻
左馬刻
本当に俺様のこと好きだなぁ、あなた。
俺のモノを咥え込んでそんなに欲しかったのか、あぁ??
貴方
貴方
しゃまの…欲しかったぁ…♡♡
あぁっ…♡大きいっ…♡♡
左馬刻
左馬刻
可愛いこと言ってくれるじゃねえか…
他の奴らもこうやって俺らみたいにヤッてんだろうなぁ…
貴方
貴方
んんっ…♡♡やぁぁっ…♡♡
左馬刻
左馬刻
じゃあ……今日は違う体位でやるか…
貴方
貴方
へ……??
俺はナカからモノを抜いた。
そしてあなたをうつ伏せで寝かせ





ナカに挿れた。






いわゆる寝バック。
貴方
貴方
ひゃぁぁぁっ♡♡
こいつは後ろから突かれるのが気持ちがいいみてえだからな。
あなたは逃げようとするが




肩を押さえてるため、逃さない。
左馬刻
左馬刻
逃げんなよ、あなた…
好きだろ、バックでやられるのは。
貴方
貴方
ひぃっ…♡♡なんか…くる…♡
奥…きてる…♡♡
ビクビクッ‼︎



あ、こいつナカイキしたな…




枕掴んで必死に耐えるあなた。
俺はそのまま奥を攻めた。
貴方
貴方
ひゃぁっ♡あぁっ♡
〜っ♡♡…んんっ♡♡
顔を覗き込むと涙目になっててクソ可愛い。
左馬刻
左馬刻
なぁ、あなた……ここ好きだろ…
耳元で話しながら奥を突く。
貴方
貴方
あぁっ‼︎♡♡耳やめてぇ…‼︎♡
もうむりぃ…♡♡
左馬刻
左馬刻
無理じゃなくていいの間違いだろーが…‼︎
俺は激しく奥をつく。
貴方
貴方
〜っ!!♡♡
もうらめぇぇぇぇぇ‼︎♡
ビクビクッ‼︎



プシャップシャッ‼︎
イキながら潮を吹いていた。




ナカがすげー痙攣してる。





顔を見ると、目がトロンとしてた。
貴方
貴方
しゃまぁ……♡♡
もうイケないよぉ…♡♡
中ビクビクしてるからぁ…♡♡
左馬刻
左馬刻
そういって俺様のモノ全然取れねえんだけど…
誰だ…こんなにナカに咥えさせてんのは…??
貴方
貴方
あぁっ…♡♡らってぇ…♡♡
奥に…きてるんだもん…♡♡
俺はあなたの首や背中にキスをする。
左馬刻
左馬刻
あなた……
お前もわかってんだろ……
俺様がどうしたいのか……
貴方
貴方
しゃまもイキたいの知ってるよぉ…♡♡
んんっ…向かい合ってやる…♡♡
俺らは最後は正常位でやる。




俺もあなたも顔を見たいからだ。
俺はモノを引き抜いた。
あなたはもうエロ可愛くなってた。





あぁ…俺様は幸せモンだなぁ……





初めてを奪って俺様の物になったあなたはもう…




俺だけの前で乱れてる。





体も委ねて、俺の名前を呼んでくれる。





だから大事にしたい。
俺はモノをナカに挿れた。
貴方
貴方
んんっ♡♡しゃまぁ…‼︎♡♡
離れちゃやだよぉ…??♡♡
もう離れないで……??♡♡
左馬刻
左馬刻
そうやって…あなたは俺様だけに犯されてればいいんだよ…‼︎‼︎
手離す気もねえからな…‼︎‼︎
あなたは俺にしがみついた。





足も俺の体に巻きつけた。





あぁ、こんなに俺のこと求めてくれる奴はあなたしかいねえな……




貴方
貴方
あぁっ‼︎///しゃまときぃ…♡♡
大好きぃぃぃ♡♡
あぁっ‼︎♡♡
左馬刻
左馬刻
っ…!!
出すぞ…‼︎‼︎
俺はナカに液を流し込んだ。
貴方
貴方
あぁっ…♡♡ナカがドクドクしてる…♡
すごい……♡
左馬刻さん…♡♡
左馬刻
左馬刻
あぁ……わりぃ。
たくさんでた……。
本当に可愛すぎだろ……
貴方
貴方
っ…///
あ、左馬刻さん……
左馬刻
左馬刻
…あ??
貴方
貴方
メリークリスマス……
左馬刻
左馬刻
あぁ、メリークリスマス。
俺とあなたは深く甘いキスをした。
日付はもう25日になっていた。