第10話

どうしてこんなことに...
美咲
美咲
あなた〜
その日は、いつもと変わらない日だった
me
me
ん?何?
美咲
美咲
なんか博人が呼んでたよ
me
me
え、博人?
美咲
美咲
(*´・д・)うん
私は博人のところに駆け寄った
me
me
博人〜
博人
博人
あ、あなた
me
me
美咲に博人がわいを呼んでたって聞いて笑
で、どしたの?
博人
博人
あなた
me
me
ん?
博人
博人
俺...怒ってる、から。
me
me
え...?
博人が.........怒って、る?
博人
博人
お前さ...。こっちの気持ち考えろよ!
me
me
ちょ、待ってよ!意味わかんない!
私、何かしたっ!?
博人
博人
あーそうだな!
分かるはずねーよな!
me
me
ねぇ、私なにかしたの?
me
me
言えばしっかり謝るし...。
博人
博人
謝るって...。
そうゆうのじゃないから。
me
me
じゃあ何!?
私もだんだんキレてきた。
何勝手に怒ってんのよ...。
訳分からない!
と、そこに────
俊介
俊介
博人、1回落ち着け
博人
博人
っ...!!
俊介
俊介
あなたも。落ち着け
me
me
落ち着けって言われても...
咲来
咲来
どーしたのー?
俊介が来れば咲良ちゃんも来るのね...
俊介
俊介
あなた、ちょっと話すか。
me
me
...え?
咲来
咲来
え、待って!私もっ
俊介
俊介
お前はここにいろ
咲来
咲来
っ...分かった!
そして私と俊介は武道場を出て、
靴箱の近くにある小さい部屋に入った
だから、このからは私と俊介は知らない話────
博人
博人
俺の気持ちなんて...分かるはずが...
咲来
咲来
博人君、だよね?
博人
博人
そうだけど。
咲来
咲来
ねぇ、あなたの事、好きなんでしょ?
博人
博人
なっ、お前...!!///
咲来
咲来
ふふ、ちょっと協力してあげるよ...笑
博人
博人
は??
咲来
咲来
妬いてるんでしょ。しゅーちゃんに
博人
博人
う、うるせぇな
咲来
咲来
私も同じだから、ね。
博人
博人
同じって...
咲来
咲来
あなたに妬いてんもん笑
博人
博人
......
咲来
咲来
だから、協力し合わない...?
博人
博人
.....................