無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

ホシくんの恋愛事情
リンちゃんと別れて少し経ったぐらい





ジフナは毎日電話をくれた






俺はそれを着信拒否し続けた






でもあるとき、家のインターホンが鳴った





その日はリンちゃんと別れて初めての休みだったからぼーーとしたかった





1回目、誰か分からないけど居留守を使った



2回目、うるさいなー



3回目、しつこいな!よし無視だ、無視




4.5.6回目、あぁ〜!!なんなんだよ!



ガチャ
スニョン
なんですか!!
ジフン
……
スニョン
ジフナ……?
俺は戸惑った




その隙にジフナが部屋に入った
ジフン
……お邪魔します…
自分の部屋にジフナがいるなんて久しぶりだ
スニョン
……なに?
ジフン
……お前は、、俺があんな気色悪い女のことを好きになると思うか?
スニョン
は……誰のこと言ってんの?
ジフン
分かってるくせに……
うん、本当は分かってる



ただ、聞きたくないだけだ
ジフン
俺はあいつとは何も無いし、嫌いだ
スニョン
は…?
ジフン
だから、、頼むから俺の話を聞いてくれよ
ジフナが……ジフナが泣きそうになってる



俺の前では絶対に泣いたことないのに
スニョン
……わかった




そこからジフナが聞いたリンちゃんの過去とか、リンちゃんと話した内容とか聞いた
















最後には二人とも涙を流していた
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡