無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

134
2021/09/20

第3話

1








今日も一日が始まる













これを考えると嫌になる


































楽羅 采音(あやね)
おはよー!!
あら、早いわね^^*
楽羅 采音(あやね)
うん!
おはよう采音^^*
楽羅 采音(あやね)
お父さんもおはよぉ!












階段をおりようとするとこの会話が聞こえる


私もこんなように接してもらいたいな、と思いながら階段を下りる

楽羅 彩希(あやき)
おはよ…
遅いじゃない!
ハハッ遅くないと思うぞ?おはようニコ
楽羅 采音(あやね)
…彩希おはよう
















優しく接してくれるのはお父さんだけ。







…姉は僕のせいで気分を害したようだ











姉のためにも早く学校に行った方がいいと思った







楽羅 彩希(あやき)
学校行くね
朝ごはんはまだなんじゃないか?
楽羅 彩希(あやき)
やることあるから
…そうか、行ってらっしゃい(*^^*)
楽羅 彩希(あやき)
行ってきます^^*
!あぁ!