無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第16話

つ い に … 。
鈴 木
鈴 木
んぁ!!!!!!!恋したい!!!!
田 中
田 中
え、恋してなかった感じ?。
鈴 木
鈴 木
え、もちろん。
田 中
田 中
なんかショック
鈴 木
鈴 木
なんて?
田 中
田 中
なんもねぇよw
渡 辺
渡 辺
ねえあなた
鈴 木
鈴 木
なんだい?しょっぴー!!!
渡 辺
渡 辺
ちょっといい??
鈴 木
鈴 木
えーよん!
田 中
田 中
あ、これやばい


‎𓂃 𓈒𓏸
渡 辺
渡 辺
すんごいおかしなこと言うけど聞くだけ聞いてね。
鈴 木
鈴 木
もちろん!!
渡 辺
渡 辺
初めてあなたを見た時可愛くて、一目惚れして。そこから話してたらすっごい楽しくて。女は嫌いだったのにあなただけは良かったんだ。なんでか考えたら心臓がバクバクして。
鈴 木
鈴 木
んぇ!?
渡 辺
渡 辺
でね、その、好きで。
渡 辺
渡 辺
良ければ付き合ってください。
鈴 木
鈴 木
え、えっと?
渡 辺
渡 辺
なんかごめん。
鈴 木
鈴 木
あ、いやいや!!!!
鈴 木
鈴 木
そうじゃなくて、なんか、恋したことないからわかんないの。
渡 辺
渡 辺
!?
鈴 木
鈴 木
だからこの件は˗ˋˏ 一旦 ˎˊ˗放置でもいいかな?
渡 辺
渡 辺
一旦ってことは希望はあるってこと…?
鈴 木
鈴 木
そーいうことかな?
渡 辺
渡 辺
なら待ってる!!!
鈴 木
鈴 木
うん!!!