無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

青葉城西れっつごー
本日は、青葉城西との練習試合。


私は初めての部活のバスにドキドキ!
隣の席にはもちろん、美しい清水先輩!
清水
…緊張してるの?
こんな私に優しく声をかけてくれる。
あなた

いえいえ!
緊張というよりワクワクです!
練習試合とか観に行くのは言ってたんですが
いつも別行動だったので!!
こうやってワイワイ行けるの楽しいです!

月島
これ、小学生の遠足じゃないんだけど〜
隣の一人席用に座る月島
あなた

ツッキーの意地悪
ひねくれもの

月島
だからその呼び方やめろよ

てか、日向大丈夫かな〜


バス乗る前めちゃめちゃ顔が青白がったけど。
田中
ううヴぉぉぉ!!
日向ァァァ!!バスを止めてくれ〜!!

あ、もうアウトだっか、




ーーーーーーーーーー
金田一side

歩きながら先輩とたわいもない話をしていた。
矢巾
…烏野つったらマネが美人
ってことぐらいしか覚えてないし、
金田一
マジっすか?!
矢巾
そうそう!
ちょっとエロい感じでさ〜
青葉城西にはマネージャーはいても、

怪我などで出来なくなった奴らがやってるから、

女はいない。
矢巾
後そう言えば、ガラの悪いやついたな
坊主で目付き悪くてさ、
頭悪そうな顔した。
田中
うぅ〜ん??
角からひょっこりと、話していた

張本人らしき人がでてきた。


たしかに目付き悪、ビビる!
矢巾
あ…えっと…
田中
うちをあんま、なめてっと、
食い散らかすぞ!!
ヒィィー
月島
そんな威嚇しちゃダメですよ田中さん
ほら、エリートの方々が
びっくりしちゃって可哀想じゃないですか〜
嫌な感じで言うタッパのあるメガネの男
金田一
ビビってねぇし!!
田中
そうだなぁ、いじめんのは
試合中だけにしてやんないとなぁ〜
坊主の睨み顔の後ろに

すごい後ろから全速力で

走ってくる人影が…
あなた

ごらァァ!!!
何やってるんだぁぁ月島ァァァァ!!

澤村
田中ぁぁ!!!
ちょっと目を離した隙に!!
坊主の人は男の人に、


メガネの方は女の子が
澤村
失礼しました!
男の人は坊主の人の頭を無理やり折り曲げてる
あなた

コラコラ逃げようとすな!
なんですぐそうやって意地悪なことするの
将来はげるよ!教頭になるよ!

騒ぎに紛れて逃げようとしてたのを

ジャージを引っ張って抑える。
月島
…うっさいな。
烏野のマネージャーかな?


美人だし …胸もあってエロい。
矢巾
あれ、マネージャー増えた?
あんな感じじゃなかったと思うけど
彼女は、俺たちの方に近ずいてきて
あなた

お騒がせしました〜
烏野のマネージャーの青根です。
なんか、またコイツらしたら、
私に言ってください!!
シバきますから〜

ニコっと笑う顔はすごく可愛いが

言ってることちょっとやばい。
田中
あなた!そいつらなんてほっといて!
澤村
お前、はもっと反省しろ!!
後輩に迷惑かけて!!
パシンと頭を叩かれる坊主の人


彼らのは体育館へ向かっていく。


あなた

飛雄、行くよ

彼女はあの王様に優しく声をかけている


少しムカついた俺はこんなこと言ってしまった
金田一
久しぶりじゃねぇか王様
やつは足を止めて俺の方をむく
金田一
そっちでどんな独裁政権しいてんのか
楽しみにしてるわ
少し間があって
影山
あぁ。
影山
行くぞあなた。
そう言って彼女の手を取り進む王様
…なんだアイツ、


大人しいふりしやがって。