無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

やらかしました
月島
あんた、北川第一の影山だろ。
そんなエリートなんで烏野にいるのさ。

挑発的なツッキーくんに

何も言わない影山。
日向
おい!土曜日ぜってぇ負けないからな。
月島
…あそう。
………え?
月島
君たちには大事な試合なのかもしれないけど
こっちとしては、別にって感じなんだよね
月島
…手抜いてあげよっか?
影山
テメェが、手抜こうが全力出そうが
俺が勝つのに変わりはねぇんだよ
日向
俺たちだろ
影山の言葉を聞いたツッキーくんは

にたっと笑う
月島
さすが王様。
あぁ、怒っちゃうよ影山
影山
おい、その呼び方
月島
やっぱり噂はほんとだったんだ
噂??
月島
コート上の王様って呼ばれると
キレるって噂。
いいじゃん。
カッコイイじゃん
すごくピッタリだとおもうよ王様。
影山は何も言わない
月島
あんな自己中トス、
良く他の連中我慢したよね。
僕ならムリ
月島
あ、我慢できなかったから
あぁ、なったのか。
我慢できなくなった影山は

ツッキー君の胸ぐらを掴む
でも、何も言い返さない


掴んだ服を話してカバンを取りに行く影山

なんで、どうして言い返さないの?
月島
逃げんの?王様も大した事ないね。
ピキっときた。

カッキーンてきた。
私はツッキーくんに一瞬で近づいて

メガネをかっさらう
日向
…え、あなた?
月島
なっ…!
山口
ツッキー
あなた

さっきからグチグチ
しつこいんじゃぁァァ
影山はぷりけつ王子で、
生意気なとこあるかもしんない
けどそんなに言わなくても良くない?
まだ発展途上なのよ。
何君、身長がちょーっと高いからって
いい気なってんじゃないよ。
私のお兄ちゃんはね190なんてとうに超えてるんだよ。
舐めんじゃないわよ鉄壁のブロックなんだからね。
なーにがたかが部活よされど部活なのよ!!
あと翔陽の事見てよ、めっちゃ凄いんだかんね
いいわかった?ツッキーくん!
弱いものいじめダメ絶対!!

一息で今よく言えたもんだ。

ぜハゼはしてるよ…

あれ、この空気不味くない?


てか私結構よくわかんないこと言ってきがする


ど、どどどうしよぉぉぉぉ。

あなた

アハハ…今のは、、

彼は私が持つメガネを取り何も言わずに


かけ直す
月島
…行くぞ山口。
山口
ううん。
彼らは特に何も言わず
帰っていった。
日向
あなたすげぇー
あなた

なんかごめん…
まだ練習するっしょ?
取れてないし翔陽。

影山
ッチ、仕方ねぇ
あ、私は盛大にやらかしたら気がする。


本編的にも、キャラ崩壊的にも


ごめんなさいお兄ちゃん。

私は本日穢れてしまいました。

ーーーーーーーーー


山口
待ってツッキー。どぉしたの?
月島
イライラすんだよ、
無駄に熱いやつって、
王様もチビも、あの女も