無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第27話

八つ当たり
練習も終わり、備品を片付けいると

月島
ねぇ、ちょっと
なんで悪化してるわけ
あなた

…ご、ごめんねツッキー

私が落ち込んだ気持ちから

陽の気を振り絞って言ってみたけど

ぎ、ぎこちない
月島は、またため息をして、片付けを手伝う
あなた

本人に聞いてみたけど
月島の事は言ってなかったよ、

月島
…じゃあ、何言われたの
私は言うことに少し迷ったが、


凄い上から見られる視線に耐えられず
あなた

…バレーの事全然分かってないから
マネージャーなんてするなって
言われちゃった、あはは…

月島
なんだ、王様のただの八つ当たりか
そんなのでクヨクヨしてたの?
彼はいつものように私に意地悪を言う。

でも今日はそれの方がいい。
あなた

うるさいな〜!でも、もう平気
ツッキーが慰めてくれたからね!

月島
は?僕は何もしてないし、
そう言って彼は作業を黙々と続ける。


私も、モヤモヤ考えるのをやめて


片付けに集中したのだった。



ーーーーーーーーーーーーーー
影山side


練習終わっても頭の中はモヤモヤする。



部室で汗ばんだTシャツを着替えて帰りの支度をする。



月島
ねぇ、ちょっと



声の主は俺が1番今、視界に入れたくないやつ
影山
…なんだよ。
奴は、俺を睨みつける
月島
今日、めっちゃ空気悪かったんだけど、
そうゆうの、ほんとにやめてほしい
影山
アァ??
月島
別に勝手に嫉妬するのはいいけどさ
それを他の人にぶつけるの、
本当に、迷惑。
俺はイラつきがピークに達し

やつの胸ぐらを掴み睨みつける。
影山
…うるせぇ!!
適当なこと言ってんじゃねぇ!
澤村
おい、お前ら、やめろ!!
東峰
まぁァ、影山落ち着いて
東峰さんが俺の肩をがっちりとホールドし

月島から離す
月島
お騒がせしてすみません。
お先、失礼します。
そう言ってやつは荷物を持って部室を去っていった。
不意にあの時のことを思い出す



《お前、バレーのこと全然分かってない
そんなやつマネージャーなんてやめてしまえ》
あれを言った時の、あなたの顔は



凄く悲しい顔をしてた。



第一幕END




つづきは

青根くんの妹は音駒の臨時マネをご覧下さい