無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

後悔
もう来るのは最後とか、言ったくせに。

また来ちゃった。

翔陽や影山が一所懸命な所を見て


伊達工を思い出して

どうしても来てしまった。






滑津
あなたちゃん!
来てくれたんだね!
あなた

こんにちは
舞先輩

滑津
最近あなたちゃんが
いなかったから、すっごくみんな
寂しがってたんよ〜
あなた

そうなんですか、あ、
洗濯物持ちますよ〜

ココ最近は翔陽の練習に付き合って


バレーってのには結局

関わってるんだよなぁ

洗濯物を干しながら、最近の高校生活に


ついて先輩に話す。
あなた

……でまぁ、明日その、
大事な戦いなんですよね〜

ちゃんと練習して翔陽も上手くなってきて
頑張って欲しいなぁなんて

滑津
そっかそっか〜
いいお友達が出来て良かったね!
じゃあ明日も彼らの試合観に行くの?
あなた

…いや、行きません。
私バレー部じゃないんで…
部外者は引っ込んどきます〜

気にはなるけど、

部外者の私が行くもんでもないかなって、


…ツッキーくんとかも居るから怖いし
滑津
え!部外者じゃないでしょ!!
きっとその子たちも応援して欲しいって!
たしかに今日帰る時も、

明日来るか聞かれたなぁ。

いかないって言ったけど…
モンモンと私が悩んでると

先輩は肩にトン と手を置く
滑津
行ってきなよ〜!
バレー見るの
好きじゃないあなたちゃん
あなた

…少しだけ見に行きます。

そう言うと、先輩はニコニコでカゴを持って体育館に行ってしまった。
二口
お前、マネージャーやんの?

後ろから、

ムカつく声の持ち主が話しかけてくる
あなた

いや、ただの友達の応援です

二口
ふーん。でもさお前、
烏野のバレー部とつるんで平気なの?
あなた

どうゆう事ですか?

二口
この前の県大会でうちにバチくそ
ブロックにかかって、
負けてたじゃん
私はそれを聞いて、必死に思い出した。

烏野高校、お兄ちゃんがめちゃめちゃ調子

良くってたっくさんブロックしてた、

あの試合。

基本相手チームとか見てなかったから、

そうゆうこと、考えてなかった。
二口
お前、偵察ならもう来んなよ。
そっか…

なんにも考えてなかった。


私最低だ。。。
私はその場から、伊達工から、

逃げ出した。
二口
…なんで、烏野なんて入ったんだよ


二口堅治は真っ直ぐ

走り去る彼女の姿を

悔しそうに見つめていた。