無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第4話

第4話:治療
リアーナ
リアーナ
よし…まず何から治せばいいのかな。
本には頭の部分を開けと書いてある
リアーナ
リアーナ
頭ね…頭
彼の頭に目をやる。人間と変わらないような頭だった。頭皮の小さな毛穴まで再現されてる
リアーナ
リアーナ
すごいわね
頭に小さなネジ穴を見つけた
リアーナ
リアーナ
ここね
頭を開けると、配線がこんがらがっていた
リアーナ
リアーナ
んー…次は。
そんなこんなでリアーナは、本を、読み進めながら、修理をしていった。
リアーナ
リアーナ
よし!OK完成したよ
頭のネジを閉めて彼に呼びかける
リアーナ
リアーナ
喋ってみていいわよ
彼はゆっくり、体を起こした
キュインキュインと、ロボらしい音を立てて
リアーナ
リアーナ
さっ!喋ってみて!
彼は私の方を見てゆっくりと口を開く
ーーーーーーー
あー。聞こえる?
リアーナ
リアーナ
うん!聞こえる聞こえる!
もう、天にも登る気分だった
ーーーーーーー
良かった。
彼も嬉しそうにニコッと笑う
リアーナ
リアーナ
さっきはありがとうね。あれがなければ生きていけなかったわ。私リアーナって言うの貴方の名前は?
ーーーーーーー
どういたしましてそんなに大切なものだったんだね。良かった。名前?名前はうーーーん
リアーナ
リアーナ
ないの?アンドロイドさん?
ーーーーーーー
アンドロイド?僕が?
リアーナ
リアーナ
そうよアンドロイドさんもしかして貴方アンドロイドって自覚がないの?
ーーーーーーー
アンドロイド…アンドロイドごめん。よく分からない記憶があまりなくて
リアーナ
リアーナ
大変💦可哀想だわ。分かった!この私が名前をつけてあげる!
ーーーーーーー
名前を?ありがとう!
お互い感謝のハグをした
リアーナの胸の奥でなにかが、動いた気がした
ん?気の所為かしら?
リアーナ
リアーナ
そうね?んー。
その時好きだった、アニメを思い出した古いアニメ白黒のアニメ。父の書斎にあったものだ、その中で主人公のヒーローがいた。確かメロス
リアーナ
リアーナ
メロス!メロスにしよう!
ーーーーーーー
メロス?メロス…メロスいいね!
メロス
メロス
ありがとう僕の名前はメロスだ!
リアーナ
リアーナ
メロス貴方素敵!
この幸せな時が永遠に続けばいいと願った

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

Rio
Rio
文章力がないので御手柔らかにお願いします アニメ→おそ松さん/血界戦線/鬼灯の冷徹/青の祓魔師/斉木楠雄のサイ難/暗殺教室/磯部磯兵衛/うた☆プリ/BROTHERS CONFLICT/だがかし/ナンバカ 曲→HoneyWorks/RADWIMPS/米津玄師/ボカロ/アニソン/劇団四季 like→ゆめかわいい、やみかわいい、レトロ ファンシー、ユニコーン サンリオ→もんきち、タキシードサム、ケロケロケロッピ
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る