無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,351
2021/03/07

第29話

29
江口「あなたちゃん!付き合って!」
あなた「結構です」
西山「コントみたいな事しないでwwwww」
これが日常会話になりつつあった。
江口「あー、何回目?」
西山「んーと、僕が数え始めてからは68回。ですねw」
一日に10回以上はするんだからそりゃそうなる。
"あの日"から、江口さんは隠す気?が無くなったらしい
元々隠す気など無さそうだったが、
本人は一様隠してたとか_
「何してるんですか。」
冷たく優しい_低い_声__?
この声は何度も聞いた
悲しい時、辛い時、いつでも聞いてた声だ
腰が抜けたのか後ろにガタッと倒れる
あなた「う、う、う、、、」
あなた「梅原さん__?」
________________
梅原「まさかの応援してくれている方だとは……ありがとうございます。」
あなた「ああああッッッ耳が妊娠する……」
西山「梅ちゃんドン引きしてるけどwwwww」
ドン引きした姿も美しい……
低音ボイスで1番好きな声優と言ったら梅原さんだった
もちろん他の低音声優さんも好きだけどね……
やっぱこの声でSっ気ある性格。
どタイプだ。
江口「ガチのオタクじゃんw」
西山さんと江口さんにめちゃくちゃに笑われる
あなた「ひょろっと毎回見てます……イベントも行ってるしグッズも5個くらい一気に買うようにしてます……」
梅原「金使い荒いwwwwwwwwww」
西山「え、てことは?」
あなた「もちろん西山さんのも買ってますよ」
西山「めっちゃファンじゃん〜!」
江口「ふたりともずるい〜!」
他愛のない会話をしながら仕事場に向かう
まさかの人と出会えて、先輩たちに可愛がってもらえてる私の今の状況は
天国のようだった
他の人から見ても__