無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

骨達の話し合いです
250
2022/03/06 03:25
キラー
てかさ、杏里ちゃんの家大きいね〜。一人で住んでるの?
杏里
......。ええ、一様一人で住んでますよ。
キラー
ほへ〜。
ナイトメア
(?今の微妙な間はなんだ?)
インク
部屋は何個ぐらいあるの?
杏里
そうですね。確か...、15部屋くらいでしょうかね。
そのうち、10部屋は使ってないですね。
全員
部屋多っ!
杏里
あはは。この家は...、母の家だったんですよね。
で、父は仕事上家には帰ってきませんし。
キラー
なるほどね〜。
杏里
好きな部屋を使っていただいて結構ですよ。
なんやかんやで部屋が決まったよ٩(。•ω•。)و
杏里
まだ、夕食には時間がありますし、どうぞ好きにくつろいでてください。
杏里
私は少し席を外しますね。
キラー
ね〜。みんなどんな感じ〜?
マーダー
あ?何がだ?
キラー
そりゃもちろん!杏里ちゃんの事だよ?
可愛いよねぇ〜。
インク
分かるっ!めっちゃいい匂いした〜。
ホラー
うわ...。
マーダー
(珍しくホラーが引いてる...)
ナイトメア
頭がよく回る。面白いやつだと思うぞ?
クロス
綺麗ですよね。笑った顔とか。
ベリー
どっても優しそうなんだぞ!
ドリーム
そうだねー。急に来た僕らを泊めてくれるんだもん。
インク
ね〜。

























杏里ちゃんの自室ー2階
杏里
(っっ...。びっくりしました。
今日に骨が空から...?まだいまいち現実味がしません。
どうしようどうしよう。
そうだノートに!ノートに書いておきましょう!)
カキカキカキカキ
杏里
ふぅ...。落ち着きました...。
杏里
とりあえず下に戻りますか。