無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第8話

買い物...行けます?
233
2022/05/08 09:07
2人は食材を買いに近くの店に...。
杏里
あ、クロスさんちょっと待ってください!
クロス
?はい。
杏里
えっとですね。今は春でして、その...。そこ格好はかなり目立ちます。
クロス
ヴッ←自覚あり
ちなみにクロスの服装は皆様お知りのように、めちゃくちゃ厚着である。


もっこもこフード+なんか、後ろのヒラヒラ+ヒー〇テック(ネック付き)+ズボン+半袖である。


クロスの服は春の暖かい日に外に出るには厚着すぎた。


そして白と黒のデザイン...。ほかの骨も例外では無いが目立つ格好である。
クロス
でも、俺これ以外に服今ないんですよ...。
杏里
どうしますか...。
ガチャ
エラー
?お前ラまだ行っテなかったノかヨ。
玄関前デ何してンだヨ。
クロス
エラー先輩もダメですね...(´・ω・`)
エラー
なニがダy...
ドリーム
あれ?まだ行ってなかったの?忘れ物?
杏里
(´・ω・`)
クロス
ダメですね...。
ドリーム
え?なにg...
ナイトメア
お前らこんなとこで何してんだよ。
最後まで喋れない哀れなドリームとエラー...。
杏里
そのですね、皆様服がこのままですと目立ちます。
ナイトメア
...。なるほどな。じゃ、俺も無理だな。
杏里
誰か目立たない服の人は...
マーダー
何してr...
クロス
(・ω・。) ジーッ
マーダー
...。なんだよ...。
クロス
バッチリですね!o(`・ω´・+o) ドヤァ…!
マーダー
何がだよっ(怒)
杏里
実は買い物に行くに当たりまして服装の目立たない方を探しておりまして...
マーダー
断る。
杏里
(まぁ、明らか他の方よりも私への殺気が凄いですしね...)
クロス
そこをなんとかできm...
マーダー
こ    と    わ    る!!
それに、服装ならホラーかキラーにでも頼めばいいだろ。
いいか、俺は絶対行かないからな。
杏里
わたりました。
では、お二人方に頼みに行ってみましょう!
杏里
まずはキラーさんに聞いてみますか。
クロス
じゃあ、俺はホラー先輩に聞いてみますね。
クロス
ホラー先輩〜?どこですか〜?
ホラー
?なんだ?
クロス
ジッ(服に...血...)
ホラー
それより、外にいる人間って喰っていいのか?
クロス
ダメです。
ホラー
( ´・ω・`)
クロス
飴をあげるのでこれでどうか我慢してください。
ホラー
飴!パァァァア(´。✪ω✪。 ` )わかった。
クロス
(ホラー先輩はやめておいた方が良さそうだな...)
杏里
キラーさ〜ん?いますか〜?
キラー
な〜に〜?
キラーの名前を呼ぶと後ろからいきなりきキラーが現れた。ちなみに確信犯である。
杏里
ひゃっ!
キラー
フフ。びっくりした?
杏里
はい。びっくりしました...。
キラー
それで、何か用〜?
杏里
実は一緒に買い物に付き添ってくれる方を探していて色々な事情によって
キラーさんがいいかなとなりまして...良かったらついてきて下さいますか?
キラー
ん〜。暇だったからいいよ〜!
杏里
ありがとうございます!助かりました!
キラー
ど〜いたしまして〜。
あ、その代わりなんか好きなもの買ってくれる?(上目遣い)
杏里
っ//い、いいですよ。(^^)
さすが幼女...その効果は主人公にも健在であったようだ。


てことで、人間の姿に変身じゃい!
ボフン
キラー
うー。やっぱ人間の姿慣れないな〜ブツブツ
クロス
あ、杏里さん。すみません。
ホラー先輩はちょっとやめておいた方がいいと思います...。
杏里
そうですか。でも、キラーさんが行ってくれるので。ありがとうございました。
クロス
そうですか。良かったです。力になれずすみません。
良ければ、食事の準備は手伝わせてくださいね。
杏里
本当ですか?ありがとうございます!では、今度こそ行ってきますね。
キラー
じゃ〜ね〜。
普段より断然時間がかかってしまったが、無事買い物に行くことが出来た。
杏里
あ!玉ねぎが半額です!買いますか!
キラー
なんか手馴れてるね〜!
杏里
まぁ、小さい時から一人でなにかをすることが多かったですしね。
キラー
ふ〜ん。
クラスメイットォ
あ〜。杏里さんじゃん!
杏里
あ、〇〇さん。
こんにちわ。
クラスメイットォの友達
会長!私服が素敵です。
杏里
ありがとうございます!ニコ
二人
(グハァ綺麗すぎる)
クラスメイットォ
じ、じゃぁ、また学校で〜!
杏里
はい。さよなら〜。
サッ
クラスメイットォの友達

やっぱり会長凄いね
クラスメイットォ

うん。流石だよね。隣の人も滅茶苦茶美人だったし。
クラスメイットォの友達

ね!私なんかは友達に慣れないよ〜
クラスメイットォ

うん。確かに優しいけどきっと素敵な友達とか沢山いるだろうし、私達は遠くから見てるのがちょうどいいよね〜。
去っていく彼女らの話し声が杏里の耳に入る。
杏里
...。(私だって本当は...)
キラー
杏里ちゃん?
杏里
ハッキラーさん!
キラー
ん?
杏里
さっき欲しい物買うって約束しましたし、何か買いましょうか。
キラー
OK〜。(明らかに話しそらしたな〜ま、いっか)
杏里
何が欲しいですか?
キラー
じゃぁ〜チョコ買って〜。
杏里
良いですよ。
キラー
そ〜いえば〜...
なんやかんやありつつお買い物無事終了。
杏里
ただいまです。
キラー
ただいま〜。
杏里
よし!いつもより時間がおしてますし料理作りますか!
クロス
手伝います!
杏里
ありがとうございます!










作者
作者
(´>∀<`)ゝ))エヘヘめっちゃ投稿してなかったね☆(((殴
私このペースでコラボもこの小説もやっていこうとしてるんでよろしくお願いします!それだけ伝えておきます!
この回お買い物だけで終わったし関われてるキャラクターの差が凄い様な...駄作者ですが何卒よろしくです!m(_ _)m